ドラマ初主演の乃木坂46・賀喜遥香は4期生の中でモテモテ?「この前、3人から"かっきーが好きなのは私だよね?"って」

ドラマ初主演の乃木坂46・賀喜遥香は4期生の中でモテモテ?「この前、3人から"かっきーが好きなのは私だよね?"って」

動画配サービス「dTV(ディーティービー)」で3月にスタートした、乃木坂46の4期生11名が出演するオリジナルドラマシリーズ。

このシリーズでは、直木賞作家・西加奈子の短編小説2本をドラマ化。現在配信されている遠藤さくら主演の第一弾『サムのこと』に続き、賀喜遥香(かき・はるか)主演の第二弾『猿に会う』も、本日4月10日(金)より配信スタートする。

第二弾『猿に会う』は、賀喜、清宮(せいみや)レイ、柴田柚菜(ゆな)が演じる"冴えない女子大生"の3人が、栃木・日光東照宮への旅行をとおして自分たちの人生を見つめ直すロードムービーだ。

今回は、飯田まこ役を演じる主演・賀喜遥香にインタビュー。地元・栃木で行なった撮影への想いや、自身の近況など、さまざまな話を聞いた。

――前回インタビューに登場した遠藤さん同様、お芝居の仕事は『ロミオとジュリエット』を原作にした舞台『3人のプリンシパル』(2019年4月)以来。毎回自分の役を選ぶあの舞台では、賀喜さんは主にロミオ役を務めていました。

賀喜 確かに男役であるロミオを選ぶことが多かったです。でも今回は女子大生役で、演じた「まこ」は「人の話を聞いていない」という人物設定で。私自身も話を聞き逃してしまうことがあるので、「自分と一緒だ」と親近感が湧いて、『プリンシパル』のときよりも直感的にできた気がします。

――しっかりしているイメージだったので、そこにシンパシーを覚えたというのは意外です。むしろ、他の4期生に「ぼーっとしない!」と声をかけているようなタイプかと。


あわせて読みたい

信のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。