井上尚弥も継承。大橋ボクシングジム会長が語る「本当に強い相手と戦う」流儀

井上尚弥も継承。大橋ボクシングジム会長が語る「本当に強い相手と戦う」流儀

バンタム級で2団体の世界タイトル(WBAスーパー・IBF)を保持する井上。4月予定だった3団体統一戦は延期になったが、切り替えて練習を継続している

「試合延期をしっかり受け止めているので、心境に変わりはなく、来る日に向けて調整中です。3団体統一戦は必ず実現させますから、楽しみに待っていてください」

現地時間4月25日に、アメリカ・ラスベガスで喝采を浴びるはずだった井上尚弥は、所属する大橋ジムを通して現在の心境を筆者に明かした。

新型コロナウイルスはボクシング界にも未曽有の被害をもたらし、日本での興行は6月まですべて自粛。アメリカでも、具体的な試合日程は発表されていない。

延期になった井上の3団体統一戦については、大橋ジム会長の大橋秀行氏によれば、今夏開催を目指し調整中だという。渡航制限など解決すべき課題は残されているものの、「こんな状況でも、本物は生き残る」と断言する。

大橋氏が定義する"本物"とは、自身が歩んできたボクシング人生の軌跡にも重なる。かつて、日本のボクシング界には、難敵との対戦を避けて防衛を重ねることに重きを置いた時代があった。今なお踏襲される"無敗信仰"が、強者同士の対戦機会を奪ってきた側面もある。

「少なくとも1990年代半ばまでは、"噛ませ犬"と戦い防衛を重ねる文化がありました。ただ、結局は本当に強いボクサーと戦うことでファンも喜ぶし、価値が生まれる。私自身が覚えているのも負けた試合なんです。勝つに越したことはないですが、少なくとも私は負けたから強くなれたし、その経験は選手にも伝えています」


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。