トランプはなぜ「武漢研究所起源説」を声高に叫ぶのか?

トランプはなぜ「武漢研究所起源説」を声高に叫ぶのか?
「猛反発する中国とのケンカが今後どこまでエスカレートするかはわかりませんが、場合によっては世界の混乱をさらに誘発することにもなりかねません」と語るモーリー氏
       

トランプはなぜ「武漢研究所起源説」を声高に叫ぶのか?の画像はこちら >>

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、トランプ大統領が新型コロナウイルスの「武漢研究所起源説」を主張する理由について語る。

* * *

新型コロナウイルスは中国・武漢の研究所から流出した――ここ最近、たびたび取り沙汰される"風説"です。

すでに世界保健機関(WHO)や多くの科学者が「その証拠はない」と否定し、米トランプ政権のアドバイザーでもある米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長も「ウイルスは人為的または意図的に操作されたものではない」と明言したにもかかわらず、ここにきてトランプ大統領やポンペオ国務長官がこの話題を強力にプッシュしています。それも「膨大な証拠がある」とまで大見えを切って。

そもそもトランプは、「研究所起源説」を証明したいと強く思っているわけではないでしょう(ここが重要なポイントです)。感染拡大による人的被害や経済的被害は自分の責任ではない、悪者はほかにいる――そう言いたいがために、中国相手に泥仕合のようなケンカ、互いに決定的証拠を見せつけようのないケンカを吹っかけたとみるのが自然です。

これに対し中国側は「証拠があるなら見せてほしい」と反論していますが、中国という国はメンツを潰されそうになるとこうして必ず"マジレス"してくれる。ある意味、トランプにとっては都合がいいのです。挑発に乗らず、スルーされることが最も都合が悪いわけですから。


当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トランプはなぜ「武漢研究所起源説」を声高に叫ぶのか?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    The New Coronavirus is nothing but the seasonal epidemic essentially.

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。