復刊号が発売2日で重版! 日本で最も熱い映画雑誌『映画秘宝』復活記念対談 編集長・岩田和明×アートディレクター・高橋ヨシキ

復刊号が発売2日で重版! 日本で最も熱い映画雑誌『映画秘宝』復活記念対談 編集長・岩田和明×アートディレクター・高橋ヨシキ
「書き手の『業を肯定』する落語的な映画雑誌です」と語る岩田和明編集長(右)と「ゾンビと食人族とブルース・リーがあるから、『秘宝』は大丈夫!」と語る高橋ヨシキ氏
       

復刊号が発売2日で重版! 日本で最も熱い映画雑誌『映画秘...の画像はこちら >>

「書き手の『業を肯定』する落語的な映画雑誌です」と語る岩田和明編集長(右)と「ゾンビと食人族とブルース・リーがあるから、『秘宝』は大丈夫!」と語る高橋ヨシキ氏

日本有数の映画ガイド・高橋ヨシキが、"地獄でも見たい新作映画"をレビューする『週刊プレイボーイ』の連載『高橋ヨシキのニュー・シネマ・インフェルノ』。

今回は特別版として、復刊号が発売2日で重版となった日本で最も熱い映画雑誌『映画秘宝』の編集長・岩田和明氏と、同誌のアートディレクターでもある高橋ヨシキ氏の対談をお届けする。

■節操がないからいろんな「入り口」がある

――いきなりですが、おふたりにとって、『映画秘宝』(以下、「秘宝」)はどんな雑誌なんですか?

岩田和明(以下、岩田) 「出版界の常識を破り続ける、文字どおり掟(おきて)破りな奇跡の映画雑誌」ですね。僕が関わった13年間、実売数がずっと変わらず、休刊前の1年間は粗利が右肩上がり。復刊号も発売2日で重版。版元の双葉社で編集歴30年の局長も「初体験だ!」と驚いてました。

復刊号が発売2日で重版! 日本で最も熱い映画雑誌『映画秘宝』復活記念対談 編集長・岩田和明×アートディレクター・高橋ヨシキ

4月21日に双葉社より復刊を果たした『映画秘宝』

――なぜそんな雑誌を宝島社は手放したのですか?

岩田 知りません(笑)。昨年の12月初旬に休刊と告げられた後、双葉社に復刊の相談をしに行きました。そしたら「秘宝」ブランドをすごく面白がってくれて、いちばん欲しがってくれたんですよ。洋泉社の泉から、『映画秘宝』という双葉が芽吹いたという感じでしょうか(笑)。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。