『逃げ恥』など撮影。ロケ地としても愛された神保町の居酒屋「酔の助」が閉店「コロナだからしょうがないけど、悔しいね」

『逃げ恥』など撮影。ロケ地としても愛された神保町の居酒屋「酔の助」が閉店「コロナだからしょうがないけど、悔しいね」

「悔しい」と語った店長の一山文明さん
「大家に店の鍵を返しに行ってきたよ。コロナだからしょうがないけど、悔しいね」

東京・神保町の大衆居酒屋「酔の助(よのすけ)神保町本店」が5月28日に閉店した。その日、店長の一山文明(66歳)は"最後の仕事"を終え、寂しげにそう呟いた――。

1979年8月、「酔の助」は神保町の裏路地に開店した。当時、一山は26歳。革製品のセールスマンだったが、親交のあった「酔の助」の創業者から声を掛けられ、「昼は革ジャンやベルトを売り、夜はバイトで皿洗い」という二足のわらじで、店を手伝うことになった。

バブルを追い風に「酔の助」は繁盛した。開店から2年半後、飯田橋に2号店をオープンすると、一山は昼間の仕事を辞め、飯田橋店の店長になった。「その頃はほぼ休みなく、月350時間は働いたね。風呂に入る暇もなく、入浴はサウナで週一回だけ。きつかったけど、店で働いているのが楽しかった」。

『逃げ恥』など撮影。ロケ地としても愛された神保町の居酒屋「酔の助」が閉店「コロナだからしょうがないけど、悔しいね」

40年にわたり愛された「酔の助 神保町店」

だが、店長になって12年、バブルが弾けて店は傾き、閉店を迎える。当時40歳だった一山は神保町本店に舞い戻り、店長を任された。その後、2004年頃に"転機"が来る。

BS‐TBSのロケ番組『吉田類の酒場放浪記』で店が取り上げられると、立て続けに携帯電話「ボーダフォン」のCMのロケ地に使われた。「CMキャラクターは俳優の成宮(寛貴)君とベッキーちゃん(笑)。店で撮影したのは成宮君だけだったけどね」。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『逃げ恥』など撮影。ロケ地としても愛された神保町の居酒屋「酔の助」が閉店「コロナだからしょうがないけど、悔しいね」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    もう一回やればいいんじゃないの?まずコロナ以前に元々売り上げは、落ちてたんじゃない?、そこでコロナが来て従業員にも店を畳む理由が出来たと、

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。