クールビューティ・月埜ヒスイはブタにご執心?「ご時世的に難し...の画像はこちら >>

"地下アイドル界の至宝"と称される美BODYを持つ月埜(つきの)ヒスイが、6月8日(月)発売『週刊プレイボーイ25号』のグラビアに初登場。

話題のアイドルグループ「アンスリューム」に所属する彼女に、グループ名の由来や情熱を注いでいるものなどを聞いた!

* * *

■最近ブタを飼い始めたんです

――今年3月の『週刊ヤングジャンプ』のグラビアで、"北半球地下アイドル最強ビジュアル"と話題になった月埜さん。

週プレでの撮影はどうでした?

月埜 最初はやっぱり緊張していたんですけど、終わってみたら、どのカットの撮影も楽しかったです。船の上で立ち上がるとかは、撮影じゃないとなかなかできないことなので、テンション上がりました。ミントグリーンの衣装もすごく好きで、ずっと「かわいい!」って言っていたら、スタイリストさんからいただいちゃいました(笑)。私服で着ようと思います。

――話題のアイドル「アンスリューム」所属の月埜さん。グループの中ではどんな立ち位置ですか?

月埜 小中高と不登校気味で、そんなにしゃべれるタイプでもないんですけど、なぜかMCを担当しています。

そのせいなのか、ファンからはよく「"ママみ"がある」って言われます。

――MCでまとめることで、しっかり者に見えるんですかね?

月埜 全然しっかりしていないし、むしろズボラなんですけどね。毎日、帰ってパジャマに着替えた後、脱いだ服をそのへんに転がしていたりで、家族からはいつも怒られてます。あと、部屋の電気が消せなかったり......。

――単純に暗がりが苦手とか?

月埜 ですね。「誰もいない暗闇で誰かにぶつかったら......」とか、いつも考えちゃいます。

だからしょうがないんです。本能的に消さないんです!

――すごい言い訳(笑)。ところで、アンスリュームというグループ名を考えたのも月埜さんだとか。

月埜 話せば長くなるんですけど(笑)。まだグループ名が決まっていないとき、仮のグループ名を"ココア"にして、打ち合わせしていたんですよ。私がココアをよく飲んでいたっていうすごく適当な理由で。

その後、本格的に名前を決めようってなったときに、プロデューサーから「"興奮と昂揚(こうよう)をアナタに。"ってグループ名はどう? 頭文字を取ったら"ココア"だよ」って言われまして(笑)。

――仮の名前からまさかの展開!

月埜 「その名前はちょっと......」って思って、深夜にほかの名前を探したんです。そしたら、「情熱」とか「昂揚」って花言葉のアンスリウムを見つけて。その提案が多数決で通った......という流れでした。

――なるほど。

では、花言葉にちなんで、最近、情熱を注いでいるものを教えてください。

月埜 ペットですね。もともと、トカゲを2匹飼っていたんですけど、実はちょうど最近"マイクロブタ"っていう40cmくらいの小さなブタを飼い始めたんです。このコがめちゃめちゃかわいくて!

――マイクロブタは今、原宿に専門カフェができるくらい人気ですが、「ブタを飼っているアイドル」は初めて聞きました。

月埜 トカゲはたまに見かけますけど、ブタは確かにそうですね。でも、本当にかわいいんですよ! 最初は警戒していたんですけど、ご飯をあげたらすぐに懐いてくれたし。

頭もいいので、トイレもすぐに覚えてくれました。あと、今朝も出かけるときに、玄関まで見送りに来てくれて! 正直、撮影中もずっとペットのことばっかり考えていました(笑)。

――"おうち時間"のいい癒やしですね。アイドルとしては、何に情熱を注いでいますか?

月埜 ソロのお仕事ですかね。3月にグループが1周年を迎えて、最近、ありがたいことに今回のグラビアみたいなお仕事が増えてきてるんです。もともとが体力がなかったり不安は多いんですけど、今は自分がグループのためになれるなら、どんどん頑張りたいって思います。

――頼もしいです。次回のグラビアへの目標はありますか?

月埜 お尻に厚みをつけて、いい体にしてきたいです。ご時世的に難しいですけど、「いいな」と思ったらライブにも来てください!

(スタイリング/福田春美 ヘア&メイク/円谷歩美)

●月埜ヒスイ 
2月22日生まれ 身長167cm 血液型=AB型 
◯「興奮と昂揚をアナタに。」がコンセプトのアイドルグループ「アンスリューム」の青・水色担当。今年3月『週刊ヤングジャンプ』で初グラビアにして、巻頭グラビアを飾り"北半球地下アイドル最強ビジュアル"と話題に。最新情報はグループの公式サイトをチェック! 
公式Twitter【@anthurium_hisui】 
公式Instagram【@inunuwan__】

取材・文/アオキユウ(short cut) 撮影/佐藤裕之