中高生が苦手意識を持つ「美術」に大人が注目。20世紀の芸術家の思考がビジネスに役立つ!

中高生が苦手意識を持つ「美術」に大人が注目。20世紀の芸術家...の画像はこちら >>

「19世紀にカメラが登場して価値観が一変。20世紀以降の芸術家は『アートとはなんだ?』と探求し始め、独自の視点の作品を生み出しました」と語る末永幸歩氏

中高生に嫌われがちな科目として真っ先に名前が挙がる「美術」が今、ビジネスマンから注目を集めている。

『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』は中学校や高校で美術教師をしてきた末永幸歩(すえなが・ゆきほ)氏が、アンリ・マティスパブロ・ピカソ、マルセル・デュシャンをはじめとする20世紀のアーティストの作品をもとに「ものの見方」を授業形式で教える体験型書籍だ。

2月の発売から版を重ね、現在6刷。新型コロナウイルスによって在宅時間が延びたここ数ヵ月で幅広い世代に読まれてきた。

新型コロナウイルス、人生100年時代など、これまで以上に混沌(こんとん)とする世の中だからこそ身につけたいアート思考の実践方法とは?

* * *

――そもそもアートに対して苦手意識を持つ人は多いですよね。

末永 小学校から中学校に上がる13歳前後のタイミングで、美術が嫌いになる人が急増するというデータがあります。理由としては、美術の授業が作品を制作する「技術」と美術史の「知識」の習得に偏っていることが挙げられます。

私はそうした技術や知識に重きを置きすぎた美術教育に疑問を抱き、将来デザイナーや画家にならない人たちにも活用できる、アートを通した思考法やものの見方を教える授業を意識してきました。


この記事の画像

「中高生が苦手意識を持つ「美術」に大人が注目。20世紀の芸術家の思考がビジネスに役立つ!」の画像1 「中高生が苦手意識を持つ「美術」に大人が注目。20世紀の芸術家の思考がビジネスに役立つ!」の画像2 「中高生が苦手意識を持つ「美術」に大人が注目。20世紀の芸術家の思考がビジネスに役立つ!」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク