特撮を愛し、特撮に愛される20歳のヒロイン・工藤美桜「エンディングのダンスを子供が目の前で踊ってくれると 『もう最高にエモい!』って」

特撮を愛し、特撮に愛される20歳のヒロイン・工藤美桜「エンディングのダンスを子供が目の前で踊ってくれると 『もう最高にエモい!』って」
『魔進戦隊キラメイジャー』のキラメイピンク・工藤美桜が『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場
       

特撮を愛し、特撮に愛される20歳のヒロイン・工藤美桜「エ...の画像はこちら >>

『魔進戦隊キラメイジャー』キラメイピンク/大治小夜(おおはる・さよ)役の20歳、工藤美桜(くどう・みお)が7月20日(月)発売『週刊プレイボーイ31・32合併号』のグラビアに登場。

超絶スレンダーな肉体の内に秘める、熱き思い。芸能界を諦めかけたこともあった。でも──。運命を変えた役を演じる幸せ。彼女はまさしく、リアル戦隊ヒロイン!

* * *

■オーディションの最終で急にピンク役を演じて

――撮影をご一緒して、20歳には見えない落ち着きを感じました。

工藤 仕事の現場だと、しっかりしなきゃというモードに切り替わるんです。実際の中身は小6だねって、周りからは言われてしまいますけど(笑)。10歳からファッション誌のモデルを軸に、お芝居やアイドルっぽい活動など、いろいろ経験させていただきました。失敗もやっぱりあって、学んでいくなかで自然と現場では背筋が伸びるようになりました。

――芸歴10年になるんですね。

工藤 小さい頃は内向的な性格で、緊張して倒れるほど人前に立つのが苦手でした。芸能界を目指したのはそんな自分を変えたくて、原宿でスカウトされたのをきっかけに思い切って飛び込みました。10年ですか......自分としてはこれからがスタートだと思います。

――『魔進戦隊キラメイジャー』のピンク役はオーディションで?

工藤 はい。もともと戦隊ヒロインへのぼんやりした憧れがありました。元気でかわいくて、みんなから愛されて、戦うと強くてカッコいい。いつかは自分が演じてみたいという思いを強くしたのは、高校2年のとき『仮面ライダーゴースト』(2015~16年)に出演したのが大きかったです。


当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。