ポスト安倍に求められる外交、メディア戦略は? 第2次安倍政権の歩みを「百田現象」で読み解く!

ポスト安倍に求められる外交、メディア戦略は? 第2次安倍政権の歩みを「百田現象」で読み解く!
「今後はより強い排外主義が『愛国』の受け皿になることも懸念されます。右派の人々がチェックするのは中国、韓国にどう臨むかしかなくなる」と語る石戸諭氏
       

ポスト安倍に求められる外交、メディア戦略は? 第2次安倍...の画像はこちら >>

「今後はより強い排外主義が『愛国』の受け皿になることも懸念されます。右派の人々がチェックするのは中国、韓国にどう臨むかしかなくなる」と語る石戸諭氏

ベストセラー作家の百田尚樹氏は、過激な発言を繰り返す右派論客の筆頭と目されている。左派・リベラル派にとっては、頭ごなしに否定するか、見て見ぬふりをする相手でしかない。しかしそれでは日本社会の分断が深まるだけではないか――。

『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』の著者・石戸諭(いしど・さとる)氏は「明らかにリベラル派・左派」でありながら、あえて百田氏本人やファン、編集者、先達に当たる言論人たちを直接取材し、「百田尚樹現象」を分析する手法を採った。

百田尚樹とは何者なのか。そして彼の盟友・安倍晋三が長期政権を終えた今、現象はどう移ろってゆくのか。(この記事は、9月14日発売の『週刊プレイボーイ39・40合併号』に掲載されたものです)

* * *

――百田尚樹氏本人へのインタビューを計5時間以上もなされたとのことですが、取材を経てどんな印象を持たれましたか?

石戸 最大のポイントは自覚のなさです。百田さんはどこからどう見ても強烈な右派論客でもあるわけですが、本人は「そんなことはない、一作家にすぎない」と言う。政治的な影響力についても、考えていないというわけです。

それはポーズではなく、本当に無自覚なんです。影響力がないと思っている人に「自覚してください」と求めるのは非常に難しい。責任を感じていないのだから。ここが百田現象の特徴であり、新しさです。


当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。