ポスト安倍に求められる外交、メディア戦略は? 第2次安倍政権の歩みを「百田現象」で読み解く!

       

――本人の自覚はどうあれ、実際には人気と影響力があるからこそ、右派論壇誌に誘われ、第2次安倍政権の応援団長的な存在になりました。本書を読むと右派論客・百田尚樹の誕生と第2次安倍政権発足が密接に関わっていたことがわかります。

石戸 はい、ほとんど重なっていますね。百田さんが2012年の夏に初めて『WiLL』誌に寄稿したときはまだ民主党政権でした。右派論壇のプロデューサー的存在だった当時の編集長、花田紀凱(かずよし)さんからすれば、一番勢いのある作家を呼び込んで安倍再登板の機運を高めたかったのでしょう。

直後、まだ一野党議員だった安倍さんと百田さんの対談が同誌で実現しています。その経緯は本書で取材していますが、さらに百田さんは「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志による緊急声明」の発起人に名を連ねます。安倍さんにしてみれば強力な援軍です。

当初、安倍さんは総裁選の有力な候補ではありませんでした。支持者の顔ぶれも代わり映えがしない。そんななかで、あるときから百田尚樹が名を連ねるようになった。社会的インパクトは大きかったと思いますよ。僕もびっくりした記憶があります。

――本書には「愛国ポピュリズムの現在地」を端的に表す図式が提示されています。「安倍政権を応援する=日本を応援する=愛国」なのだと。逆に、批判するなら「反日」と見なされます。政権支持を愛国と直結させる短絡的な価値判断ですね。その根幹にある安倍政権が終わり、「愛国」の形は今後多様になってゆくのでしょうか?


当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。