3600億円の赤字予想に名車「パジェロ」消滅も......三菱自動車反撃の一手はPHEVにアリ!

       

3600億円の赤字予想に名車「パジェロ」消滅も......三菱自動車反撃の一手はPHEVにアリ!

エクリプスクロス 価格:258万6100~368万6804円 2018年3月に発表されたエクリプスクロス。昨年6月にはディーゼルを追加。間もなくPHEV搭載モデルが登場する予定

三菱自動車は7月末、新型コロナの影響で最終赤字が3600億円に拡大する見通しと発表。経営再生の切り札は三菱自慢のプラグインハイブリッドにあるという。モータージャーナリストの小沢コージがじっくり解説する。

* * *

■背水の三菱がPHEVを投入!

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ。まさに覚悟の大削減だぜ、三菱自動車! 巨大赤字の日産の陰に隠れているが、同じ日仏グループの三菱も当然経営は厳しい。

2019年度赤字は258億円にとどまったものの、コロナ感染拡大の影響がはっきりしてきた今年の第1四半期連結決算は、営業利益が四半期単独で533億円の赤字となり、今年度の通期予想は実に3600億円の大赤字だ。

マジな話、年産100万台の三菱にとってこの赤字額はデカい。だからこそ先頃、経営再生に向けて発表した計画書の内容にはその必死の覚悟を感じる。基本はカルロス・ゴーン会長時代に行なった拡大路線の修正だ。

具体的には「21年度末までに19年度比で20%の固定費削減」を目指すというもの、マーケティング費用や間接労務費を削るのはもちろん、オザワが驚いたのは国内生産子会社であるパジェロ製造の閉鎖と欧州市場の事実上の凍結までブチ上げていることだ。

3600億円の赤字予想に名車「パジェロ」消滅も......三菱自動車反撃の一手はPHEVにアリ!

デリカD:5 価格:391万3800~447万2600円 強烈なゴツ顔とミニバンとは思えぬ武骨にもほどがあるボディが魅力。悪路の走破性はハンパない


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。