今季のMLBは「投高打低」。ダルビッシュ有や大谷翔平らの現地評は?

今季のMLBは「投高打低」。ダルビッシュ有や大谷翔平らの現地...の画像はこちら >>

サイ・ヤング賞受賞が期待されるダルビッシュ。昨季途中からナックルカーブ、今季から魔球「スプリーム」を加えて安定感が増した。気になるモジャモジャの髪の毛も現地では好評だという

開幕すら危ぶまれた今季のMLBも、レギュラーシーズン終盤に入り、プレーオフが始まろうとしている。

全60試合の短縮シーズンは、近年まれに見る「投高打低」のシーズンでもあった。米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』は「(開幕2週目時点の)球界全体の平均打率は2割3分で、1972年以降では最も低い数字だ」と指摘。

その数字は大きく改善することなく、日本人選手たちの成績にも影響が出ている。投手陣のなかでは、ダルビッシュ有と前田健太が目覚ましい活躍を見せた。

シカゴ・カブスのダルビッシュは、今季2戦目からの7連勝をはじめ、自身初の月間MVPを受賞するなど、8勝3敗で日本人初の最多勝に輝く大活躍。受賞すれば日本人初となるサイ・ヤング賞の有力候補と目され、『NBCシカゴ』は「有のピッチングはサイ・ヤング賞どころか、シーズンMVPクラスだ」と高く評価する。

まず米メディアが注目したのは変化球。今季から加えた新魔球「スプリーム」もそのひとつだ。ツーシームとスプリットの中間の球で、ストレートのような速球が打者の手元で急に落ち、強打者たちを手玉に取る。

デビッド・ロス監督が「有は投球を完璧にコントロールしている」と大絶賛した制球力も話題になったが、米スポーツ専門チャンネル『ESPN』が取り上げた「投球テンポの変化」も興味深い。


この記事の画像

「今季のMLBは「投高打低」。ダルビッシュ有や大谷翔平らの現地評は?」の画像1 「今季のMLBは「投高打低」。ダルビッシュ有や大谷翔平らの現地評は?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク