東宝芸能50周年オーディション発の超絶美女は天然系。期待のミ...の画像はこちら >>

沢口靖子長澤まさみなど、時代の女優たちを輩出してきた東宝芸能オーディション出身。期待の若手女優・森 日菜美(もり・ひなみ)が、10月17日(土)発売の『週刊プレイボーイ44号』で初めてのグラビア。彼女たちを初めて見たときの感動が、喜びが、今また蘇る。異次元のルックス。この美しさは、正真正銘の奇跡。

キャッチコピーや肩書が重視される芸能界だが、そんなことはどうでもよく感じてしまうほどの、圧倒的な美しさ。時代を貫く、普遍の才能に注目!

* * *

■好きな食べ物はお子さまランチ

――にぎやかな現場でした。週プレ初グラビアはいかがでしたか?

 私、普段はけっこうふざけてて、元気なキャラクターなんですけど、そういう素の姿も見せつつ、ちょっと大人っぽい表情を入れることを意識しました。3歳くらい年上の、キレイなお姉さんを意識したんですけど、その感じ、写真に出てるといいなぁ。

――お気に入りのカットは?

 最初のページの湖のカットも幻想的で好きだし、あとは2ページ目に使っている、森の中で撮った赤水着のカットも気に入っています、「森」だけに(笑)。ず~っと踊りながら撮ってたんですけど、普段の私の落ち着きがない感じが出ていると思う。

――落ち着きがないの、意外です。見た目はおしとやかなので。

 周りからもよく注意されますねぇ、「大人としての自覚を持ちなさい」とか。大学の友達と公園に行っても、みんなは映(ば)えを意識して写真を撮ったりしてるなかで、隠れんぼしたいなぁとか思っちゃうし。


この記事の画像

「東宝芸能50周年オーディション発の超絶美女は天然系。期待のミューズ・森 日菜美「森ひなが目指すのは『グラビアの頂点』です」」の画像1 「東宝芸能50周年オーディション発の超絶美女は天然系。期待のミューズ・森 日菜美「森ひなが目指すのは『グラビアの頂点』です」」の画像2