菅総理の所信表明「グリーン社会実現」と「50年温暖化効果ガスゼロ宣言」がまったく中身がない理由

菅総理の所信表明「グリーン社会実現」と「50年温暖化効果...の画像はこちら >>

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、10月26日、菅総理の所信表明について「中身がない」とバッサリ。その理由とは?

(この記事は、『DMMオンラインサロン』にて10月26日に掲載したコラム「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を加筆・修正したものです)

■突然のグリーン公約の裏にある菅政権の焦り

菅総理が就任から40日経って、ようやく所信表明演説を行なった。全文を読んだ印象は、ほとんど中身がないということだ。
 
その中で、唯一意味のある部分が、2050年カーボンニュートラル宣言だ。その部分を抜粋しよう。

「菅政権では、成長戦略の柱に『経済と環境の好循環』を掲げて、グリーン社会の実現に最大限注力してまいります。我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」
 
これまで菅総理は、総裁選の公約でデジタル化の推進は掲げていたが、グリーン関連の公約はなかった。世界中が先進国のみならず途上国も含めて「デジタルとグリーン」の二本柱をポストコロナに向けた成長の牽引役としているのに、菅総理はこのことをまったく理解していなかったようだ。

首相就任後も出てくるのはハンコ撲滅、携帯料金値下げ、デジタル庁創設などデジタル関連だけで、グリーンの話は出てこなかった。
 
菅総理がいかに「環境音痴」なのかがわかる。しかし、いつまでもそれを続けるわけにはいかなくなった。


この記事の画像

「菅総理の所信表明「グリーン社会実現」と「50年温暖化効果ガスゼロ宣言」がまったく中身がない理由」の画像1 「菅総理の所信表明「グリーン社会実現」と「50年温暖化効果ガスゼロ宣言」がまったく中身がない理由」の画像2 「菅総理の所信表明「グリーン社会実現」と「50年温暖化効果ガスゼロ宣言」がまったく中身がない理由」の画像3

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。