井上尚弥の前座で豪快KO。16戦全勝のボクサー、平岡アンディとは何者?

井上尚弥の前座で豪快KO。16戦全勝のボクサー、平岡アンディとは何者?
同ジムの先輩でもある井上のアンダーカードに登場した平岡。合計3回のダウンを奪い、4回TKO勝利を収めた【写真:Mikey Williams/Top Rank】
       

井上尚弥の前座で豪快KO。16戦全勝のボクサー、平岡アン...の画像はこちら >>

同ジムの先輩でもある井上のアンダーカードに登場した平岡。合計3回のダウンを奪い、4回TKO勝利を収めた【写真:Mikey Williams/Top Rank】

「さっき、おやじと(大橋秀行)会長に『どうだった?』って聞いていたんですよ。(ダウンを奪ったパンチは)アッパーが当たったのかなあ、という感じで、あんまり感触がなかったので」

試合後、事もなげにKOシーンを振り返る姿からも、平岡アンディ(大橋ジム)が規格外のボクサーであることが感じられた。ほとんど手応えがなかったパンチでダウンを奪い勝利してしまう。このパワーとスケール感が、アメリカでも注目を浴び始めている。

現地時間10月31日、米ラスベガスのMGMグランドガーデン内にあるカンファレンスセンターで行なわれた、スーパーライト級8回戦。平岡はリッキー・エドワーズ(アメリカ)を相手に4回2分20秒でTKO勝ちを飾った。

サウスポースタンスで攻め込み3回に先制ダウンを奪うと、4回にも右フックでダメージを与え、2度のダウンを追加して完勝した。

この日のメインイベントは、"モンスター"こと井上尚弥(大橋ジム)のラスベガスデビュー戦。王者の井上が挑戦者のジェイソン・マロニー(オーストラリア)を7回KOで下してタイトルを防衛し、全米のファンを興奮させた注目度の高い舞台で、24歳のスター候補は強さと魅力を存分にアピールした。

近年、NBAでプレーする八村 塁(はちむら・るい)、女子テニスの大坂なおみなど、ハーフのアスリートの活躍が目立っている。ガーナ人の父、日本人の母を持つ平岡もそのひとり。プロデビュー以来16戦全勝(11KO)の快進撃を続けているが、遠くないうちに令和を代表するハーフ・アスリートとして認識されるかもしれない。


当時の記事を読む

井上尚弥のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井上尚弥」に関する記事

「井上尚弥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井上尚弥」の記事

次に読みたい「井上尚弥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 井上尚弥 Instagram
  2. 井上尚弥 スパー
  3. 井上尚弥 バンダム級

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。