中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水

中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM...の画像はこちら >>

進水したFFM2くまの。ステルス艦だ

11月19日、 瀬戸内海に面する岡山県玉野市三井E&S造船玉野艦船工場から、海自音楽隊が演奏する軍艦マーチとともに、一隻の艦艇が進水した。海自の新護衛艦「3900t型二番艦FFM2くまの」だ。

一般的に、進水した海自艦艇には艦番号が与えられる。空母いずもならばDDH183、イージス艦まやならばDDG179と、三桁が一般的である。しかし、くまのには「FFM2」と、初めて一桁の番号が与えられた。

その理由を、現地でFFM2くまのを撮影したフォトジャーナリストの柿谷哲也氏が解説する。

「米海軍ならばLCS沿海域戦闘艦に分類されるくまのですが、海自のFとは駆逐艦と1000t以下の対潜護衛艦コルベットの間に位置する"フリゲート"の頭文字です。また、Mは多用途および機雷戦を意味します。

まだ一番艦が完成していないので、正式名称は発表されていません。しかし、艦番号に一桁が与えられたことには、全てを刷新しようとしている海自の心意気が現れているように思います」

FFM2くまのの艦影は、既存の海自護衛艦と比べると異形だ。それは、対中国海軍を想定したステルス艦だからだ。

「船首から主砲、艦橋、マスト、煙突と独立している伝統的な軍艦スタイルが、大艦巨砲主義の伝統と貫禄を未だに重んずる海自のスタイルでした。しかし、それを捨てたのがFFM2くまのです。

今、中国の対艦・巡航ミサイルの性能は格段の進歩を遂げており、海自艦搭載兵器の届かない、はるか彼方から飛来します。そのとき、直角が交わるような艦艇は、中国ミサイル搭載のレーダーに捕われやすい。なので、この艦型になりました。


この記事の画像

「中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水」の画像1 「中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水」の画像2 「中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水」の画像3 「中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水」の画像4
「中国から尖閣諸島を守れ! 海自の新ステルス護衛艦「FFM2くまの」が進水」の画像5

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。