予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?

予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステル...の画像はこちら >>

ノースロップ・グラマン社の「NGAD」(次世代航空優勢戦闘機)のイメージ。横に向けて対空レーザーを発射している

実機の初飛行は10年後になると予想されていた米軍の「第6世代戦闘機」が、なんともう初飛行したとのニュースが!

開発遅れが日常茶飯事の世界で、ここまで"巻く"ことができた理由はなんなのか? そして、そいつはどんだけ強いのか? 緊急&徹底検証だ!

* * *

■「世代」が違えば勝負にならない

「F-22ラプターの後継となる『第6世代』のステルス戦闘機はすでに飛行している」

この"爆弾発言"の主は、米空軍のウイリアム・ローパー調達開発担当次官補だ(9月15日)。

F-22は2005年に初めて実戦配備され、今も世界最強と評される米空軍の「第5世代」のステルス戦闘機。現在、ほかに運用されている第5世代機は、アメリカや日本などが導入するF-35、ロシアのSu(スホーイ)-57、そして中国のJ-20だけだ。

これに続く第6世代機の開発をアメリカやロシア、中国は進めているが、新型戦闘機の開発には長い時間がかかるというのが常識。アメリカでさえ「初飛行」は2030年頃になると考えられていた。だからこそ、冒頭の発言は大きな波紋を呼んだわけだ。

ただ、その際に実機(技術実証機)は公開されず、開発したメーカーや性能なども一切公表されなかった。その後、しばらく水面下で取材合戦が続いたが、ここにきて複数のメディアが次々と「本当に飛んだようだ」と報道。再び大きな話題となっている。


この記事の画像

「予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?」の画像1 「予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?」の画像2 「予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?」の画像3 「予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?」の画像4

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。