角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『おいしさ』は全然違う」

角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『お...の画像はこちら >>

『すばらしき世界』が2月11日に公開される映画監督の西川美和さん

『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『週刊プレイボーイ』の連載『角田陽一郎のMoving Movies~その映画が人生を動かす~』。

今回は最新作『すばらしき世界』が2月11日に公開される映画監督の西川美和さんにお話を伺いました!

* * *

――最初に見た映画はなんですか?

西川 幼稚園の頃、兄に連れられて劇場で見た『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)。この作品って、主役格だったハリソン・フォードが固められて終わりますよね。けっこうびっくりしたというか、結末が結末にあらざるものだなということを子供心に感じて、動揺した記憶があります。

――なるほど。一方で、エピソード5はシリーズのなかでも特に名作といわれていますよね。

西川 もちろん名作ですよね。でも、そのときはそうは思えなかったんです。

――西川監督は小説家としても活躍されていますが、表現の仕事を志したきっかけはなんですか?

西川 30年くらい前、私がまだ高校生だった頃に『実録犯罪史シリーズ』という、実際に起きた事件を題材にしたドラマシリーズがあったんです。そのなかに『恐怖の二十四時間 連続殺人鬼 西口彰の最期』(1991年)という作品があって、これは5人の人間を殺した後にさまざまな職業に就いて、全国を逃げ回っていた男を題材にしているんです。


この記事の画像

「角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『おいしさ』は全然違う」」の画像1 「角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『おいしさ』は全然違う」」の画像2 「角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『おいしさ』は全然違う」」の画像3 「角田陽一郎×西川美和(映画監督)「見せる側と映される側の『おいしさ』は全然違う」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク