ボルボから電撃移籍したグループPSAジャパン新社長を直撃「日本でプジョー、シトロエンをどう売るんですか?」

ボルボから電撃移籍したグループPSAジャパン新社長を直撃「日本でプジョー、シトロエンをどう売るんですか?」
木村新社長の隣は、プジョーの最新コンパクトSUV「2008」。取材は東京・目黒にあるグループPSAジャパン本社で行なった
       

ボルボから電撃移籍したグループPSAジャパン新社長を直撃...の画像はこちら >>

木村新社長の隣は、プジョーの最新コンパクトSUV「2008」。取材は東京・目黒にあるグループPSAジャパン本社で行なった

今年1月1日付で「プジョー」「シトロエン」「DS」を束ねるグループPSAジャパンの社長に就任した木村隆之氏を、自動車ジャーナリストの小沢コージが直撃。「移籍の理由」「電動化」「ステランティス」などを聞いた。

■EV普及のキモは"プラグイン"

――ビックリしました。ボルボ・カー・ジャパンを躍進させた木村社長がグループPSAジャパンに移籍だなんて! プロ野球選手じゃあるまいし、こんな話はクルマ業界で聞いたことがありません。

木村 日本人では初めてなんじゃないですか(笑)。

――ちなみにボルボ時代は5年で売り上げを1.6倍、利益を2.2倍に押し上げています。ぶっちゃけ、今回の移籍はどういう経緯ですか?

木村 カルロス・タバレスさん(現ステランティス、元グループPSAのCEO)は直接存じあげませんが、実はかつて同じ会議に出たこともありましてね。

――そうか! 木村社長はインドネシア日産の社長をされていた。同時期にタバレスCEOもルノー日産にいたんですよね。ということは、木村社長の存在も業績も把握していますね。もしやそのスジからのヘッドハンティングが電撃移籍の背景に?

木村 そうです。まぁ、何よりクルマビジネスはユニークで、私は本当に面白いと思っているんです。

――具体的にお願いします。

木村 例えばお客さまが生涯年収の中で何にどれだけ使うかっていうと「家」が1番だと思います。でも、2番目はクルマなんです。よく聞くじゃないですか。「買うつもりはなかったけど、ディーラーに行ってクルマを見たら買っちゃった」と。そこが面白いビジネスだなと。高額なのにエモーショナルチョイス。で、販売店とは付き合いが長く続く可能性がある。非常に深いビジネスです。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。