菅長男の接待にあらがえない官僚たち。霞が関には「令和の新しい倫理規範」が必要だ!

菅長男の接待にあらがえない官僚たち。霞が関には「令和の新...の画像はこちら >>

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、菅義偉首相の長男による総務省接待疑惑について語る。

(この記事は、3月1日発売の『週刊プレイボーイ11号』に掲載されたものです)

* * *

菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」による総務省接待疑惑。その件数は明るみに出たものだけで、計13人39回に達していた。

接待を受けていたのは事務方ナンバー2の総務審議官をはじめ、衛星放送業務を所管する歴代局長、課長らの幹部が中心で、ひとり当たり最高で7万4000円超の豪華接待まであった。飲食代に加え、お土産やタクシー券が供与された例もある。

総務省は13人中11人が国家公務員法に基づく倫理規程に違反するとして、これらの官僚に減給などの処分を行なった。これで幕引きというもくろみだろうが、それで済ませてよいのか。

「東北新社」は衛星放送事業を運営しており、総務省はその許認可権限を持つ。その両者が豪華接待を通じてズブズブの関係を構築していたとすれば、贈収賄の疑いも浮上する。総務省側が「東北新社」に格別の便宜を与えるなど、本来、公正であるべき放送行政が歪(ゆが)められた疑いは濃厚だ。徹底的な事実解明が必要だろう。

それにしてもこの13人はなぜ、これほどの高額接待を受けてしまったのか? 国家公務員倫理法に基づき2000年に施行された倫理規程では利害関係者による接待は禁止。たとえ割り勘でも会費1万円以上なら監督部署への事前届け出が必要など厳しく規制された。今回のような豪華な接待はいくら誘われても警戒して断るのが普通だ。


この記事の画像

「菅長男の接待にあらがえない官僚たち。霞が関には「令和の新しい倫理規範」が必要だ!」の画像1 「菅長男の接待にあらがえない官僚たち。霞が関には「令和の新しい倫理規範」が必要だ!」の画像2

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月5日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。