SNSから現れたグラビアスター・小日向ゆか「高校時代は、朝は...の画像はこちら >>

インスタグラムの投稿が「かわいすぎる!」と反響を呼び、グラビアデビューした小日向(こひなた)ゆか。SNS発信からスターになる"令和スタイル"でトップを目指す新星が、3月29日(月)発売『週刊プレイボーイ15号』のグラビアに登場!

* * *

■しっかり者のしっかり人生

――どんな経緯で芸能界デビューすることになったのか、教えてもらえますか?

ゆか 高校生の頃はひたすらアルバイトする日々を過ごしていて、仕事3個とかかけ持ちしてたんです。朝はコンビニ、昼パスタ屋さん、夜に居酒屋とか。ほかにも洋服屋さんとか、ホテルのレストランでも働いてました。

――なんでまた?

ゆか 普通に貧乏寄りだったので(笑)。それで働き続けて20歳になったときに、違う仕事もやってみたいなと思ってネットで調べたんですよね。そこでイベントコンパニオンの仕事を見つけて。そのほうが時給換算したら効率よさそうだなと。

――現実的!

ゆか それと、20代前半は好きなことをやりたいと思う気持ちもあって。中学生の頃にはモデルさんに憧れていたので。

――雑誌の影響ですか?

ゆか 『Seventeen』ですね。中学生のとき、雑誌とか買ってもらえなくて、美容室でたまたま見て、自分がこんなにワクワクすることがあったんだと思いました。

――行動には起こさなかった?

ゆか お母さんに内緒でオーディションに応募しました。最初の審査が通って、編集部からかかってきた確認の電話にお母さんが出て、断っちゃったんです。それでけんかになったんですけど、「東京行ったらかわいいコがいっぱいいるから、あなたじゃ無理だよ!」ってすごく現実的なことを言われて、確かにな~って思って。


この記事の画像

「SNSから現れたグラビアスター・小日向ゆか「高校時代は、朝はコンビニ、昼パスタ屋さん、夜に居酒屋とバイトをかけ持ちしてました」」の画像1 「SNSから現れたグラビアスター・小日向ゆか「高校時代は、朝はコンビニ、昼パスタ屋さん、夜に居酒屋とバイトをかけ持ちしてました」」の画像2