ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐倫役・ファイルーズあい「自分なりの徐倫で愛が伝わるとうれしい」

ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐...の画像はこちら >>

(左から)興津和幸、杉田智和、小野大輔、小野友樹、小野賢章

歴代の"ジョジョ"を演じた声優陣が集結したイベント「ジョジョの奇妙な冒険 The Animation Special Event ~ジョースター 受け継がれる魂~」が4月4日に有料配信され、興津和幸(おきつ・かずゆき)、杉田智和小野大輔小野友樹小野賢章(けんしょう)が登壇した。

荒木飛呂彦原作の『ジョジョの奇妙な冒険』は、1986年から現在まで連載が続く長寿作品。これまで原作第5部「黄金の風」までが、2012年より4シーズンにわたりTVアニメ化されている。

イベント当日の4月4日はジョナサン・ジョースターの誕生日という話題から、同役を演じた興津の呼びかけにより登壇した5人が息を合わせて「山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)」を披露。そして「ジョースタートーク」と題し、第1部「ファントムブラッド」から第5部「黄金の風」までの物語を振り返りつつクロストークが行なわれた。

「データで見るジョースター家その歴史ッ!」のコーナーでは、TVアニメで積み重ねられてきた数字にまつわるエピソードが展開。TVアニメプロジェクト発足からイベント当日まで3309日と10年近い年月が経っているが、特に声優陣を驚かせたのは、アフレコ台本に記載された「ッ」の数で、なんと9979個だったという。

原作で印象的な言葉尻の「ッ」をどう表現するのか、演じていく中でアニメスタッフの高い熱量により、追加で「ッ」を加えて雰囲気を出してほしいと要求されていたエピソードが、それぞれから語られていった。


この記事の画像

「ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐倫役・ファイルーズあい「自分なりの徐倫で愛が伝わるとうれしい」」の画像1 「ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐倫役・ファイルーズあい「自分なりの徐倫で愛が伝わるとうれしい」」の画像2 「ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐倫役・ファイルーズあい「自分なりの徐倫で愛が伝わるとうれしい」」の画像3 「ジョジョ第6部『ストーンオーシャン』のTVアニメ化が発表。徐倫役・ファイルーズあい「自分なりの徐倫で愛が伝わるとうれしい」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

小野賢章のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小野賢章」に関する記事

「小野賢章」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小野賢章」の記事

次に読みたい「小野賢章」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク