トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ

トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケの画像はこちら >>

トヨタは昨年12月に超小型EV「シーポッド」を法人ユーザーや自治体などを対象に販売を開始した。一般向けは来年だ

世界中の自動車メーカーがガソリン車から電気自動車(EV)へシフトしている。日本は大丈夫? そんな声もあるが、ついにトヨタが動いた。超小型EVをブッ込んできたのだ。

トヨタ自動車、トヨタZEVファクトリーZEV B&D Lab 小型モビリティ開発グループグループ長・谷中壮弘(やなか・あきひろ)氏に、自動車ジャーナリストの小沢コージが狙いや戦略を聞いた。

■トヨタのEVは、超小型モビリティ

――昨年12月25日に超意欲的なEVがトヨタからひそかに登場していました。国交省が新たに定めた、軽より小さな超小型モビリティ第1号の「シーポッド」です。当面は事業者向けのリースと販売のみで、評論家向けの試乗会すらありませんが、日本が抱える交通環境の難問を解決する可能性を秘めたクルマです。また、狭い日本の道路に超小型EVは適していると思います。まずはシーポットの誕生の背景から教えてください。

谷中 はい。大きく分けるとふたつあります。ひとつはモビリティ・フォー・オール(すべての人に移動の自由を提供したい)。すでに日本は超高齢社会に突入しています。そうなると、近所の買い物や通院が移動のメインになる。短距離の小型EVの活躍の場はあるんじゃないかと。

――なるほど。

谷中 そこでシーポッドは、高速道路は走らず、最高速は時速60キロ。乗員は2名で短距離走行のみと割り切って造りました。トヨタは、真に使いやすいモビリティを提供したいと考えております。


この記事の画像

「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像1 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像2 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像3 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像4
「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像5 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像6 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像7 「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像8
「トヨタがあえて「165万円・ふたり乗り小型EV」を売るワケ」の画像9

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク