内田樹×姜尚中が対談。日本は「行き着くところまで行かないと」変わらない!?  東京オリンピック後に予想されるシナリオとは

内田樹×姜尚中が対談。日本は「行き着くところまで行かないと」...の画像はこちら >>

現代を代表するふたりの「知の巨人」である内田樹氏・姜尚中氏が、歴史的大変革の時代を縦横無尽に論じ合った『新世界秩序と日本の未来』(集英社新書)。7月16日(金)発売予定の同書は、好評既刊『世界「最終」戦争論』『アジア辺境論』に続く対談シリーズ第3弾となる。ふたりの碩学(せきがく)の目に、2020年代の世界はどのように見えているのか。刊行決定を記念した対談から浮かび上がる「これからの日本が進む道」とは。

 * * *

■菅政権は究極の「自分ファースト」

内田 今の日本の状況は、ミッドウェー海戦やインパール作戦のときに近いですね。ポツダム宣言を受諾しないでぐずぐずしていた時もそうですけれど、日本人は「もうダメだ」とわかった後でも、頭を「どうやって被害を最小限に収めるか」というプラグマティックな問いことを考えることができない。

オリンピックという国際的なイベントでコロナが拡散すれば、被害は日本だけにとどまらない可能性が高い。せめて今度ぐらいは、どうにもならなくなる前にブレーキを踏むということをしないとまずいんじゃないかと思います。

 先の戦争では、広島・長崎、そして沖縄の人たちが甚大な悲劇を被(こうむ)りましたが、コロナ対策やオリンピックの失敗で今後、誰が犠牲になるのかと考えると、非常に暗澹(あんたん)たる気持ちになります。

なんというか、政治家の中から最後の何かが抜け落ちているという気がして仕方がありません。以前、菅首相は師と仰ぐ故・梶山静六(かじやま・せいろく)から「政治の要諦、ミッションは雇用だ」と言われたと語っていましたが、今、彼がやっていることは、日本国首相である自分の雇用だけは確保しようということじゃないですか。これはもう、究極の自分ファーストだと思います。


この記事の画像

「内田樹×姜尚中が対談。日本は「行き着くところまで行かないと」変わらない!?  東京オリンピック後に予想されるシナリオとは」の画像1 「内田樹×姜尚中が対談。日本は「行き着くところまで行かないと」変わらない!?  東京オリンピック後に予想されるシナリオとは」の画像2
編集部おすすめ
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク