武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い

武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが...の画像はこちら >>

99年、プロレス写真記者クラブのイベントで三沢(左)と武藤(右)が初めて対談した際のもの

再び"プロレス界の盟主"へ。創設者・三沢光晴(みさわ・みつはる)が2009年に急逝した後、何度も存続の危機を乗り越えてきたノアが今、新たな黄金期を迎えようとしている。

団体を牽引し続ける丸藤正道(まるふじ・なおみち)、そして今年、ノアに電撃入団した武藤敬司(むとう・けいじ)が団体の現在、未来を語る!

* * *

■三沢とは「永遠の恋人」みたいな感覚だった

5月31日、プロレスリング・ノアの後楽園ホール。メインイベントのタッグマッチに出場した武藤敬司と丸藤正道は特別な思いでリングに上がっていた。2009年6月13日に、ノアの創設者である三沢光晴が試合中の事故で亡くなってから12年。節目の十三回忌を迎えた。この日は、三沢の「メモリアル」として行なわれた大会だった。

三沢が2000年に全日本プロレスから独立して設立したノアは、昨年1月29日、経営譲渡によりサイバーエージェントの傘下に入った。9月1日からは同社のプロレス事業子会社であるサイバーファイトのブランドのひとつとなり、インターネットテレビ「ABEMA」で月2回のペースで試合を配信している。

今年2月12日には日本武道館で武藤敬司が潮崎豪を破りGHCヘビー級王座を奪取。58歳にして新日本プロレスのIWGPヘビー級、全日本の三冠ヘビー級を含めた「国内主要3団体シングルヘビー級王座戴冠」を成し遂げたことは大きな話題となった。


この記事の画像

「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像1 「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像2 「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像3 「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像4
「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像5 「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像6 「武藤敬司、丸藤正道が語る「三沢光晴 十三回忌」を迎えたノアが今また面白い」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三沢光晴のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「三沢光晴」に関する記事

「三沢光晴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三沢光晴」の記事

次に読みたい「三沢光晴」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク