内田樹×姜尚中が対談。 オリパラ後の日本は再生できるのか? ...の画像はこちら >>

対談をおこなった内田樹氏(右)と姜尚中氏(左)

大好評発売中の『新世界秩序と日本の未来』(集英社新書)刊行記念トークイベント(9月8日に丸善ジュンク堂書店にて、池袋本店が配信)では、オリパラ後、いまだコロナ禍に苦しむ日本の再生に必要なことは何か、内田樹氏と姜尚中氏が語り合った。白熱の対談の模様をダイジェストでお届けする。

■なぜ政治家は空っぽの言葉しかしゃべれないのか

 コロナ禍の状況が予断を許さない中、自民党総裁選を経て、その後の総選挙が見込まれていますが、政治家たちの話を聞いていると、なぜこんなに彼らの言葉は届かないのか、と思ってしまいます。これは、与党だけではなく野党にも言えることですが。

内田 安倍・菅政権のこの約9年間で言葉が本当に空疎になってしまいましたね。その最大の理由は、そもそも政治家の側に自分たちの思いを国民に届かせようという気がなかったからだと思います。

投票率が50%を切っている中、今の選挙制度だと、有権者の25%程度の支持があれば選挙では圧勝し続けられます。それなら、全国民に支持を広げようと努力する必要はない。25%のコアの支持層だけに受ける話をしていれば勝てるんですから、残る75%については配慮する必要がない。

菅さんと政治部記者たちのやり取りはまさにそうでした。記者たちは一応は国民を代表して質問しているわけですけれども、菅さんからすると、不都合な質問をする記者は「不支持者」を代表して質問しているように見える。それなら、別に説得したり、同意を求めたりする必要はない。木で鼻をくくったような答えをして、記者たちが「まったく相手にされていない」という印象を与えればそれでいいんです。

あの答弁は、国民に対して「自分を支持しない人間は何も与えられない」ということを告知している符丁(ふちょう)(仲間内だけで通じる合言葉)なんですから、コミュニケーションが成立しないのは当然です。


この記事の画像

「内田樹×姜尚中が対談。 オリパラ後の日本は再生できるのか? 機能不全の日本の政治を点検する」の画像1 「内田樹×姜尚中が対談。 オリパラ後の日本は再生できるのか? 機能不全の日本の政治を点検する」の画像2