今季のBリーグは激アツ。主力級の移籍が続いてチーム格差が大縮小

今季のBリーグは激アツ。主力級の移籍が続いてチーム格差が大縮...の画像はこちら >>

富樫勇樹(中央)らが中心となり、昨季に悲願の初優勝を果たした千葉は初戦黒星スタート。戦力差がない拮抗した試合が多くなりそうだ

9月30日、バスケットボールをプレーする場としては国内最高の舞台である沖縄アリーナで、ホームの琉球ゴールデンキングスが過去2度の優勝を誇るアルバルク東京を逆転劇で撃破。そのほかのカードも翌10月1日から行なわれ、Bリーグの2021-22シーズンが幕を開けた。

2016年に真のプロリーグとして発足してから6年。今季は本当の意味でのプロの興行が見られる、いわば「元年」の位置づけとなるのではないか。その意味するところは、チーム間の戦力差が縮まり、より多くの球団にポストシーズン進出と優勝を狙うチャンスが生まれつつあるということだ。

いわゆる実業団リーグが主流だったBリーグ以前と比べると、年々、選手の移籍が活発になってきており、このオフは一気に拍車がかかった。しかも"脇役"の選手のみならず、日本代表やオールスター級のスター選手が何人か新天地を求め、リーグを震撼(しんかん)させた。

その最たる例は、今夏の東京五輪にも出場した日本人選手ナンバーワンスコアラーの金丸晃輔、前日本代表でシューターの辻 直人、人気球団の宇都宮ブレックスの核として常勝チームをつくり上げたライアン・ロシターの移籍だった。

昨季のリーグMVPの金丸は8年プレーしたシーホース三河から、19-20シーズンにB1へ再昇格した島根スサノオマジックへ。辻は9年所属した川崎ブレイブサンダースから、昨季にB1へ上がってきた広島ドラゴンフライズへ。そして19年に日本国籍を取得したロシターは、リーグ最多2度の優勝を誇るアルバルク東京へと活躍の場を移した。


この記事の画像

「今季のBリーグは激アツ。主力級の移籍が続いてチーム格差が大縮小」の画像1 「今季のBリーグは激アツ。主力級の移籍が続いてチーム格差が大縮小」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「バスケットボール」に関する記事

「バスケットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「バスケットボール」の記事

次に読みたい「バスケットボール」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク