金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」

金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"...の画像はこちら >>

JAE社長にして故・千葉真一さんの愛弟子、金田治

今年は「仮面ライダー生誕50周年」。そこで9月13日に発売された『週刊プレイボーイ39&40合併号』では「仮面ライダーヒロイン集」と題し、歴代の仮面ライダーヒロインたちが登場。さらに、1作目から最新作までのライダーバイクを一挙に紹介しているほか、『リバイス』主演俳優・前田拳太郎さんも登場している。

そんな特集から、仮面ライダーシリーズにおいてなくてはならない、仮面ライダーや怪人を演じる"スーツアクター"をクローズアップ。

彼らの多くが所属するジャパンアクションエンタープライズ(JAE)社長の金田治さんは、初代『仮面ライダー』でスーツアクターを経験したレジェンドだ。彼が語るスーツアクターの哲学とは? そして、先日逝去された"日本アクション界の父"、師匠の千葉真一さんについても語ってもらった。

■前日に言い渡された初代ライダーの撮影

――『仮面ライダー』生誕から50年。金田さんが社長を務めるJAEことジャパンアクションエンタープライズは、数多くの仮面ライダーシリーズに参加し、ライダーや怪人のスーツアクトも担当しています。金田さんご自身もスーツアクターを務め、『仮面ライダー』にも出演されていましたが、そもそもどのような経緯でアクションの世界に足を踏み入れたんですか?

金田 スタントマンは給料がいいって友達から聞いたから、もともと体操の経験もあったしやってみようと。それで千葉真一さんが立ち上げたジャパンアクションクラブ(JAC。現・JAE)に入所しました。


この記事の画像

「金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」」の画像1 「金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」」の画像2 「金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」」の画像3 「金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」」の画像4
「金田治氏が語る仮面ライダーシリーズを支える"スーツアクター"の仕事「いくら運動神経がよくても、芝居心がなければなれない」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク