苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中国共産党、天皇制への羨望の謎」橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)

苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中...の画像はこちら >>

対談をおこなった橋爪大三郎氏(左)と峯村健司氏(右)

ウイグル人の大量収容、思想改造、虐待、強制労働、デジタル監視社会......新疆ウイグル自治区から香港、台湾へと広がる異形の帝国・中国のウルトラナショナリズムに世界はどう対抗するのか。9月に上梓された集英社新書『中国共産党帝国とウイグル』(橋爪大三郎・中田考著)は、その中国リスクの本質に迫る。

ジャーナリズムを容易に寄せ付けない習近平体制。本書の著者・橋爪大三郎氏と、北京特派員として習近平体制誕生の内幕を最前線で取材した経歴を持ち、先日新聞協会賞を受賞した「LINEの個人情報管理」のスクープの取材班にも携わった朝日新聞の峯村健司編集委員(米中・外交担当)が、最強独裁国家の今後の動き、そしてその最大の弱点について読み解く!

■揺らぐ中国の正統性 橋爪 はじめまして。峯村さんの『潜入中国──厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)や『宿命 習近平闘争秘史』(文春文庫)を読みました。大変面白く、取材の足腰がしっかりしていて感銘を受けました。今日の対談を楽しみにしていました。

峯村 ありがとうございます。実は私のほうは、エズラ・ヴォーゲル先生(1930~2020年、ハーバード大学名誉教授)から、橋爪先生のお名前はよく伺っておりまして、初めてお話ししている気があまりしないのですが、今日はお目にかかれて光栄です。

早速、今回の『中国共産党帝国とウイグル』の感想から申し上げますと、イスラーム法学者の中田考先生との絡みもあり、イスラーム側から見たウイグル問題が詳細に語られている。これは私の中で欠けていた視点でもあり、非常に斬新なものを感じました。それが横串とすれば、中国共産党の正統性とは何かという命題がこの本の縦串にあるんだなという感じがいたしました。


この記事の画像

「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中国共産党、天皇制への羨望の謎」橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像1 「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中国共産党、天皇制への羨望の謎」橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像2 「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中国共産党、天皇制への羨望の謎」橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク