苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習近平が毛沢東を越える唯一無二の政策が台湾統一」 橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)

苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習...の画像はこちら >>

対談をおこなった橋爪大三郎氏(左)と峯村健司氏(右)

ウイグル人の大量収容、思想改造、虐待、強制労働、デジタル監視社会......新疆ウイグル自治区から香港、台湾へと広がる異形の帝国・中国のウルトラナショナリズムに世界はどう対抗するのか。9月に上梓された集英社新書『中国共産党帝国とウイグル』(橋爪大三郎・中田考著)は、その中国リスクの本質に迫る。

ジャーナリズムを容易に寄せ付けない習近平体制。本書の著者・橋爪大三郎氏と、北京特派員として習近平体制誕生の内幕を最前線で取材した経歴を持ち、先日新聞協会賞を受賞した「LINEの個人情報管理」のスクープの取材班にも携わった朝日新聞の峯村健司編集委員(米中・外交担当)が、最強独裁国家の今後の動き、そしてその最大の弱点について読み解く! 
対談は中国リスク問題の深奥、「中国共産党の統治の正統性」から台湾問題へ。

■パラノイア的権力基盤峯村 (「習近平体制は統治の正統性の確立に苦心しており、追い詰められている」という前編での橋爪氏への見解に対して)完全に私も同意いたします。特に習近平氏の権力基盤には、ある種のパラノイア的なものを私は感じているんです。一つは文革世代のパラノイアです。

毛沢東の文革時代に、習近平氏の父が共産党高官だったがゆえに、迫害の対象になっている。お母様に至っては、市中引き回しにされているんです。習氏はそうした仕打ちを受け、権力を失ったらこうなってしまうという、痛ましい教訓を得ているわけです。これがまず一つ。


この記事の画像

「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習近平が毛沢東を越える唯一無二の政策が台湾統一」 橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像1 「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習近平が毛沢東を越える唯一無二の政策が台湾統一」 橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像2 「苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習近平が毛沢東を越える唯一無二の政策が台湾統一」 橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク