半導体最大手「TSMC」の新工場の誘致成功を素直に喜べないワケ

半導体最大手「TSMC」の新工場の誘致成功を素直に喜べないワ...の画像はこちら >>

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、半導体の世界最大手「TSMC」の新工場建設から見える問題点を指摘する。

(この記事は、10月18日発売の『週刊プレイボーイ44号』に掲載されたものです)

* * *

半導体受託生産の世界最大手である台湾の「TSMC」が、熊本県に新工場を建設するとのニュースが流れた。新工場では回路線幅20ナノ級(ナノは10億分の1m)の半導体を生産する予定という。

現在、世界では半導体不足で自動車生産などがストップするなどのトラブルが続いている。TSMC誘致は半導体調達の確保につながる。同社は、半導体微細化競争で世界トップを走り、5ナノ級で先行。さらに3ナノ級の開発も進んでいる。40ナノ級を製造するのが精いっぱいなほど没落した日本にとっては、とりあえず朗報と言える。

これまで経産省は日の丸連合にこだわり、結果的に日本の半導体産業をさらに弱体化させるという失敗を繰り返してきた。日の丸連合とはつまるところ、グローバル競争に敗れた敗者連合でしかなかった。経産省はその反省からか、世界トップのTSMCの誘致に動いた。その意味では旧来のダメな政策から脱却したと評価してもよいだろう。

ただ、今後の先行きは楽観できない。日本側は工場建設の総事業費8000億円のうち4000億円を補助金として、TSMCにむしり取られることになってしまった。経産省はその見返りとして、新工場から出荷された半導体を日本国内向けに優先供給させるというが、そんなことができるのか非常に不安だ。


この記事の画像

「半導体最大手「TSMC」の新工場の誘致成功を素直に喜べないワケ」の画像1 「半導体最大手「TSMC」の新工場の誘致成功を素直に喜べないワケ」の画像2
編集部おすすめ
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク