ドイツ総選挙に学ぶ現役世代が政治をジャックする方法!

ドイツ総選挙に学ぶ現役世代が政治をジャックする方法!の画像はこちら >>

16年間続いたメルケル政権がついに終わるということで、国際的にも注目されたドイツ総選挙。"勝者なし"といわれた結果を受けて今後は連立交渉が本格化するが、ドイツ政治の変化を象徴するのが新世代の台頭だ。

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが解説する。

■議員の3人にひとりが40歳以下に!

衆院選を前にして、多くの国民の間には、漠然とした停滞感のようなものが漂っているように思います。選挙結果がどうなっても大きな変化は期待できず、低成長あるいは現状維持のループから抜け出すことはないだろう――そんな諦めの感情です。

ただ、強調しておきたいのは、若い人までもがその巻き添えを食う必要はないということです。世代間対立をあおりたいわけではありませんが、大人のしがらみやくだらない事情に付き合っていると損をするだけだということは覚えておいてもいい。今、ドイツで起きている変化を目の当たりにすると、そんな思いにとらわれます。

9月末に行なわれたドイツ連邦議会の総選挙は、若者の声が大きく政治に反映される結果となりました。

引退するアンゲラ・メルケル首相が所属する保守のキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)をかわし、中道左派の社会民主党(SPD)が第1党に――日本のメディアを含め、多くの報道がそこに力点を置いて伝えたのは当然といえば当然ですが、今回注目したいのは第3党に躍進した緑の党(グリーンズ)と、第4党となった自由民主党(FDP)です。


この記事の画像

「ドイツ総選挙に学ぶ現役世代が政治をジャックする方法!」の画像1 「ドイツ総選挙に学ぶ現役世代が政治をジャックする方法!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク