舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつく...の画像はこちら >>

今年4月末に12年間活動したSKE48を卒業し、女優として本格始動。そして11月29日に30歳の誕生日を迎えた高柳明音。グループを離れてひとりで活動する今、何を思っているのか? そしてどんな30代を送ろうとしているのか? 話を聞いた。

――SKE48を4月末に卒業して7ヶ月経ちますが、いかがですか?

高柳 以前は舞台に立ちながら、何かグループに還元できないかなって考えていたんですけど、今は自分のためだけを考えている感じです。

――12年間ずっとやっていましたけど、SKE離れはできています?

高柳 本当にやりきって悔いはないので。卒業したらすぐに切り替えできましたね。でも辞めたからって、高柳明音自身はほとんど変わってないです。

――12月9日(木)よりスタートする舞台『ナナシ2021』は、高柳さんの地元でもある名古屋から発信するというコンセプトでやってるんですよね。

高柳 うれしいです。舞台って東京と大阪が多くて、いつも名古屋は飛ばされてしまうんですよ。私のファンは名古屋の方も多くて、このご時世で東京まで来てもらうことが難しかったから、やっと地元で観てもらえるなって。

あと稽古も名古屋なので、実家から稽古場に通うのが不思議な感じでしたね。家に帰ると母がご飯を作ってくれて、それを食べて寝られる。大好きな鳥にも会えるし。

舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」

――稽古に集中できますね。アクションがかなりハードだとか。

高柳 大変です。ずっと戦ってるんですよ。1対7とかもあります。動きを覚える点はダンスも殺陣も一緒だけど、殺陣は常に相手がいるから、ひとつ違う動きをしちゃうと、全部が狂っちゃうんです。殺陣自体は3年前に舞台『戦国BASARA』でやったんですが、あの時はなぎなたで、今回は中国武術。しかも相手の動きを止める術まで使うんです。


この記事の画像

「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像1 「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像2 「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像3 「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像4
「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像5 「舞台『ナナシ2021』出演の元SKE48・高柳明音「追いつくのに必死。でも、できないことができるようになる喜びが大きい」」の画像6