『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西...の画像はこちら >>

いつもはあまり表に出ることのないカメラマンに焦点を当て、そのルーツ、印象的な仕事、熱き想いを徹底追究していく連載コラム『グラビアの読みかたーWPBカメラマンインタビューズー』が、『週プレ プラス!』にて好評連載中だ。

"カメラマン側から見た視点"が語られることで、グラビアの新たな魅力に迫る。週プレに縁の深い人物が月一ゲストとして登場し、全4話にわたってお送りする。

第4回目のゲストは、先月発売された水湊みお1st写真集『みなとみないと』をはじめ、アイドルからセクシー女優まで、多くの女性タレント写真集を取り下ろしてきた西條彰仁氏。サッカー少年だった学生時代から、グラビアカメラマンに辿り着くまでのキャリアを聞いた。

* * *

――第一話では、カメラマンになるまでのルーツを聞かせてください。まず、学生時代は何をされていたんですか? 

西條 ずっとサッカーをやっていて、高校時代はそれなりの強豪校に入って本気で全国を目指していました。静岡遠征に行った時は、当時高校サッカー界でも有数の武田修宏さんがいた清水東高校とやらせて貰ったり......ボコボコにやられましたけどね(笑)。

ただ、最後の選手権大会を終えてから、燃え尽き症候群みたいな感じになってしまって。まだJリーグもない時代です。周りはみんな、社会人リーグに入ったり、体育教師になったりする人がほとんどでしたが、僕は腰を怪我したこともあって、どうもそっちの道に進む気にはなれなくて。


この記事の画像

「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像1 「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像2 「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像3 「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像4
「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像5 「『グラビアの読みかた ーWPBカメラマンインタビューズー』西條彰仁 編「原動力は、未知への探究心」」の画像6