セルジオ越後が全国高校サッカー選手権を振り返る「100回大会を終えた高校選手権の記憶。小嶺監督は侍だった!」

セルジオ越後が全国高校サッカー選手権を振り返る「100回大会...の画像はこちら >>

50年前に来日して最初に高校選手権を見たときはその人気ぶりに驚かされたと語るセルジオ越後氏

青森山田が強かったね。決勝では大津に何もさせなかった。選手はみんな体ががっちりしていて、準決勝から中1日でも最後まで運動量が落ちなかった。単に優れた選手が集まっているのではなく、よい環境の下しっかりトレーニングを積んできた証拠だと思う。

一方の大津も公立なのによく決勝まで勝ち上がってきた。ただ、青森山田に比べればやはり全体的に小柄でフィジカル的にも劣っていた。今の時代に公立が私立に勝つのは至難の業だとあらためて実感したよ。

100回目を迎えた全国高校サッカー選手権は、関東第一が準決勝を辞退するなどコロナの影響でいろいろ大変だったけど、最後まで大会を終えられてよかった。

振り返れば、50年前に来日して最初に高校選手権を見たときはその人気ぶりに驚かされた。僕のプレーする日本リーグはテレビ中継もなく、観客席もガラガラ。ところが、高校選手権はテレビ中継があり、お客さんもたくさん入っている。普通は逆でしょ。不思議な国だと思ったね。

でも、当時の日本にはプロリーグがなく、海外でプレーする選手もいなかった。だから、サッカーをやっている子供たちにとっての目標や夢は、高校選手権に出て国立競技場でプレーすることだったんだ。Jリーグ誕生以前は、高校選手権が間違いなく日本のサッカーの中心で、実際に大きな役割を果たしてきたと思う。


この記事の画像

「セルジオ越後が全国高校サッカー選手権を振り返る「100回大会を終えた高校選手権の記憶。小嶺監督は侍だった!」」の画像1 「セルジオ越後が全国高校サッカー選手権を振り返る「100回大会を終えた高校選手権の記憶。小嶺監督は侍だった!」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク