三菱が初公開した軽EVの全貌に迫る

三菱が初公開した軽EVの全貌に迫るの画像はこちら >>

三菱が初公開した軽自動車のEVの試作車「K‐EVコンセプトXスタイル」。いつ市販されてもおかしくない見た目だ
1月14日、三菱自動車は千葉県の幕張メッセで開かれた「東京オートサロン」で、春以降に市場に投入する軽EVの試作車を初公開した。どんなクルマに仕上がってきたのか? 自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

■三菱の軽EVは現実路線で登場!

――今年の「東京オートサロン」で、三菱が軽自動車サイズのEVを初公開しました。渡辺さん、このEVをどう見ました?

渡辺 今回、三菱が発表したのは軽自動車規格の新型EV「K‐EVコンセプトXスタイル」。フロントマスクなどデザインのベースは、同社が発売している軽ハイトワゴンのeKクロスです。非常に現実的な路線で登場したなと。

――東京オートサロンの会場で三菱の加藤隆雄社長も「ウチのEVは特別な形をしているわけではない。これはある意味、意図を持ってやっていて、EVというのは特別なクルマではない。もうこれからは特別なクルマではなくなるというメッセージを込めてフツーのガソリン車と同じような形にした」と話していましたね。

渡辺 要するに三菱の軽EVは、現実路線に舵を切ったということです。この軽EVはアライアンスを組む日産と共同開発なので、同じような見た目のクルマだと食い合ってしまう。そこで差別化を図ったんでしょう。日産はもう少しEVらしい未来感のあるクルマを出してくると思います。


この記事の画像

「三菱が初公開した軽EVの全貌に迫る」の画像1 「三菱が初公開した軽EVの全貌に迫る」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク