角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しい...の画像はこちら >>

『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『週刊プレイボーイ』の連載『角田陽一郎のMoving Movies~その映画が人生を動かす~』。

3月24日よりNetflixにて全世界同時独占配信される映画『桜のような僕の恋人』でヒロインの美咲を演じる松本穂香さんが登場!

■見たら救われる、ほっこりする作品が好き

――映画館で初めて見た作品はなんですか?

松本 『ジュラシック・パーク』(1993年)ですね。小さい頃に見たので内容は覚えていないんですけど、パンフレットを買って帰った記憶があります。

――では、今のお仕事を目指すきっかけになった作品は?

松本 きっかけになった作品は正直ないんです。昔から映画よりもドラマが好きで、『あまちゃん』(NHK連続テレビ小説、2013年)はよく見ていました。今の仕事という意味では、高校で演劇部に入った影響が大きかったかもしれないです。

――演劇部に入ろうと思ったきっかけはなんでしょう?

松本 それも特にきっかけはなくて(笑)。見学したときに台本を渡されて、やってみたら「上手だね」とホメてもらえたんですよ。ホメられることがあまりなかったので、「ちょっとやってみようかな」というくらいの感じだったと思います。

こういう取材で「女優になったきっかけは?」と聞いてもらえることが多いんですけど、振り返っても、何が大きなきっかけだったかわからないんです。


この記事の画像

「角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しいけど、すごく共感できる」」の画像1 「角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しいけど、すごく共感できる」」の画像2 「角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しいけど、すごく共感できる」」の画像3 「角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しいけど、すごく共感できる」」の画像4
「角田陽一郎×松本穂香(女優)「『耳をすませば』の雫は痛々しいけど、すごく共感できる」」の画像5