宮司愛海アナが報道キャスターに。春の番組改編の女子アナ人事ウ...の画像はこちら >>

写真はフジテレビ宮司愛海アナ。1991年7月29日生まれ、福岡県出身。早稲田大学卒業後、2015年にフジテレビに入社。オリンピック中継では安定したリポートをし、さらに株を上げていた
春の番組改編で、女子アナの動きも慌ただしくなってきている。

なかでも注目なのが、フジテレビの宮司愛海アナ。東京五輪、北京五輪の中継キャスターを務めるなど、フジテレビの"スポーツの顔"として活躍していたが、2018年からメインキャスターを務めていたスポーツ番組『S-PARK』をこの春に卒業、新たに昼の報道番組『FNN Live News days』のキャスターに就任することになった。

「彼女は新人時代からスポーツ畑を歩み、取材力には定評があった。プライベートの時間を削ってまでスポーツ会場に駆けつけていたほどで、スポーツ選手からも信頼されていましたから。男性ファンが多いだけに、昼の報道番組で経験を積み、いずれは夕方か夜の報道番組を任されるはず。すでに局内では"ポスト・カトパン"の声も上がっています」(フジテレビ関係者)

そしてもうひとつ、大きな話題になった女子アナ人事がある。TBSの山本里菜アナが『サンデー・ジャポン』を3月いっぱいで降板することが発表されたのだ。後任には良原安美(あみ)アナが抜擢(ばってき)される予定である。

「古くは青木裕子田中みな実吉田明世を輩出した人気アナの登竜門的番組。山本アナも就任当初こそ注目を浴びましたが、番組内でリポーターを務める良原アナに人気が食われるようになっていった。今回の降板劇、山本アナは悔しい思いがあるでしょう」(TBS局員)

失地回復する日は来るか。

この記事の画像

「宮司愛海アナが報道キャスターに。春の番組改編の女子アナ人事ウラ話」の画像1 「宮司愛海アナが報道キャスターに。春の番組改編の女子アナ人事ウラ話」の画像2