あのマックスむらいが語る"ユーチューバ―曲がり角問題"「今は...の画像はこちら >>

マックスむらい氏。AppBank株式会社の社長室にて。レアな旧デザインの「金の再生ボタン」。新デザインのものに比べ重いとか

「好きなことで、生きていく」。2014年に打ち出されたCMのキャッチコピーどおり、楽しそうに大金を稼ぐスターを生み出してきたYouTube。しかし、そんなYouTube業界に陰りが出ている。チャンネル登録者が数十万人いても再生回数が伸びないユーチューバーが続出しているというのだ。

マックスむらいさんは登録者が144万人いるが、最近の動画の再生回数は1万回前後。黎明(れいめい)期から過酷なユーチューバー業界を生き抜いてきた彼に、YouTubeの過去、現在、未来について話を聞いた。

■YouTubeがまだ発展途上だった頃

――今YouTubeで起きていることを知るために、まず、その歴史を知りたいと思います。マックスむらいさんはYouTubeへの動画投稿を2013年に始めていますが、当時のYouTubeの状況を教えてください。

むらい 今のようなメジャーなプラットフォームではなく、どちらかというと、テレビ番組などの違法アップロード動画も多くてテレビ局を筆頭に各企業が「どう対策したらいいんだ?」と頭を悩ませているような場所でした。そもそも世間的には「動画を配信して稼ぐ」という発想はまったくなく、なんなら「顔出し動画をネットに出すなんて、それで犯罪に巻き込まれたら......」なんて考え方が主流だった時代でした。


この記事の画像

「あのマックスむらいが語る"ユーチューバ―曲がり角問題"「今は『パイの奪い合い』になってるんです」」の画像1 「あのマックスむらいが語る"ユーチューバ―曲がり角問題"「今は『パイの奪い合い』になってるんです」」の画像2 「あのマックスむらいが語る"ユーチューバ―曲がり角問題"「今は『パイの奪い合い』になってるんです」」の画像3