トヨタとスバルが共同開発したEVにカスタムカー(!)が登場し...の画像はこちら >>

トヨタがブッ放したbZ4X GRスポーツコンセプト。GRのイメージを反映させたエアロパーツが眩しい
今年1月14日、トヨタとスバルは「東京オートサロン」で、共同開発した新型EVのカスタムカーを出展した。その誕生秘話とは? 両兄弟車を開発段階から粘着取材する自動車研究家の山本シンヤ氏に聞いた。

* * *

ーー今年の東京オートサロンで、トヨタとスバルは共同開発したEVのカスタマイズモデルを世界初公開しました。

山本 トヨタが「bZ4X GRスポーツコンセプト」、スバルが「ソルテラSTIパフォーマンスコンセプト」を出展しましたね。まだベースモデルすら発売していない段階ですが、早くもスポーツバージョンの提案となりました。

ーーこの2台のカスタマイズモデルですが、もともと登場予定だった?

山本 いいえ、違います。話は昨年11月13日に遡ります。この日はスーパー耐久最終戦が岡山国際サーキットで行なわれていました。その場には四輪・二輪メーカー5社のトップが集結し、共同で会見を実施。脱炭素社会を目指すことなどが発表されました。

ーー確かその場にトヨタのbZ4Xとスバルのソルテラが一緒に並べられていましたよね? 

山本 そうです。実は2台が一緒に展示されたのは世界初です。その場にはトヨタの豊田章男社長もおり、報道陣に「見た目も各々の個性があるでしょ?」、「この展示は私が直接指示したわけではありません。自発的にやれるような会社になった証拠です」と語っていました。その後、GRカンパニーの佐藤恒治プレジデントと話す機会があったので、私は以前から気になっていた点について質問しました。


この記事の画像

「トヨタとスバルが共同開発したEVにカスタムカー(!)が登場したワケ」の画像1 「トヨタとスバルが共同開発したEVにカスタムカー(!)が登場したワケ」の画像2 「トヨタとスバルが共同開発したEVにカスタムカー(!)が登場したワケ」の画像3