HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像
拡大する(全5枚)
3年ぶりのツアーが始まったHKT48

HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像の画像はこちら >>

オープニングは矢吹奈子を中心に力強いパフォーマンス

HKT48にとって3年ぶりとなるコンサートツアー「HKT48 LIVE TOUR 2022~Under the Spotlight~」が4月8日、神奈川県・よこすか芸術劇場大劇場よりスタートした。この日参加したのはHKT48メンバー26人。さらにスペシャルゲストとしてNGT48メンバー8人が登場し、コンサートを盛り上げた。

オープニング1曲目は、ダンスナンバー『Make noise』。ステージには高さ10メートル、11面のLEDモニターが設置され、さまざまな映像でステージを盛り上げる。続いて矢吹奈子のセンター曲『突然Do love me!』、さらにかつては指原莉乃がセンターを務めた曲『意志』と、パワフルなセットリストで会場を熱くさせる。

チームHキャプテンで1期生の松岡菜摘は「久しぶりの景色に鳥肌が立ちました。皆さんと素敵な時間が過ごせたらいいなと思います」と笑顔を見せた。そしてHKT48のコンサートに参加するのが4年ぶりとなる矢吹は「最後までケガなく突っ走っていけたらいいなと思います」と意気込んだ。

また神奈川県出身の渡部愛加里は、5年前にHKT48がこの会場でコンサートをした際に、ファンとして指原莉乃のうちわを振っていたことを明かし、「今日は自分のうちわを見つけて、皆さんの思い出に残れるよう頑張りたい」と話した。

今回のツアーでは新たなチャレンジとして人気アーティストの曲をカバー。竹本くるみ、堺萌香らによる、ヤパイTシャツ屋さんの『かわE』や、渕上舞、市村愛里による、ヨルシカ『春泥棒』など、普段とは異なる曲でメンバーの新たな魅力を引き出した。


この記事の画像

「HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像」の画像1 「HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像」の画像2 「HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像」の画像3 「HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像」の画像4
「HKT48、3年ぶりのコンサートで見せた新しいグループ像」の画像5