「いい意味で大ハズレだったよ!」サガン鳥栖の戦いぶりに宮澤ミシェルが驚き
拡大する(全2枚)
サガン鳥栖について語った宮澤ミシェル

「いい意味で大ハズレだったよ!」サガン鳥栖の戦いぶりに宮澤ミ...の画像はこちら >>

サガン鳥栖について語った宮澤ミシェル
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第249回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、サガン鳥栖について。オフシーズンに主力の移籍などがあった中で、現在J1リーグで9節を終え、9位につけている鳥栖。その戦いぶりを宮澤ミシェルは「予想外だった」と語る。

*****

鳥栖の今シーズンの戦いぶりにはビックリさせられっぱなしだよ。

昨シーズンは最終的に7位だったけど、第29節まではACL出場圏内の3位につける健闘を見せてくれた。でもさ、その主力メンバーのほとんどはオフシーズンの間に他チームに移籍しちゃって、今季の登録選手37人のうち22人は新加入。しかも、監督も新たに招聘となれば、もう別のチームと言っていいくらいだから、今年は厳しいシーズンになるだろうって予想していたんだよ。それが現時点では、大ハズレ! でも、予想よりもいい方向にハズレる分にはサッカーが楽しくなからうれしいんだよね。

鳥栖は今季も基本的に3バックなんだけど、第4節からDFラインの中央を担っていたファン・ソッコを故障で欠く事態になっても、その穴を田代雅也がしっかり埋めた。両CBのジエゴと原田亘もしっかり存在感を示したからこそ、第9節終了時点での失点数がリーグ最少なんだよね。


この記事の画像

「「いい意味で大ハズレだったよ!」サガン鳥栖の戦いぶりに宮澤ミシェルが驚き」の画像1 「「いい意味で大ハズレだったよ!」サガン鳥栖の戦いぶりに宮澤ミシェルが驚き」の画像2