レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように...の画像はこちら >>

レクサスのEV専用モデルのRZをトヨタのテストコースで試乗した山本氏。細部を粘っこくチェックした

販売するクルマを2035年までにすべてEV化するという目標を掲げているレクサス。その先陣を切るRZが世界初公開された。試乗した自動車研究家の山本シンヤ氏にその仕上がりなどを聞いた。

* * *

■EVブランドになるレクサスの先陣が登場

レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!

世界初公開されたEV専用モデル レクサス「RZ」 ボディサイズは全長4805mm×全幅1895mm×全高1635mm。まるでスポーツカーのように操れるモデルだ

山本 ついにトヨタのプレミアムブランドであるレクサス初のEV専用モデル「RZ」が公開されました。

――ほお! ちなみに昨年12月にレクサスは大きな発表をしていますよね?

山本 はい。レクサスは2035年までに販売する新車をすべてEVにする計画を発表しています。つまり、RZはレクサスのEVブランド移行の起点となるモデルでもあるんですよね。

――なるほど。ザックリ言うと、RZはどんなクルマなんスか?

山本 世界的に売れ筋となっているSUVタイプのEVで、航続距離は約450km。搭載されている電池は10年が経過しても当初の90%以上の容量をキープするなど、劣化に対する性能をしっかり高めてきています。

レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!

駆動用バッテリーの容量は71.4kWh。航続距離は450km程度を想定しているという

――発売時期や価格は?

山本 今冬以降に売り出される予定です。価格や発売地域は今後発表されると思います。ただ、レクサスの主力市場は欧米や中国で、販売台数の8割以上を占めています。僕が取材した感触だと、まずEVの普及が進んでいる国々から発売すると思いますね。


この記事の画像

「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像1 「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像2 「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像3 「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像4
「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像5 「レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!」の画像6