天文学的倍率を勝ち抜いた期待のルーキー・井上 和「5期生が発...の画像はこちら >>

応募総数8万7852人のオーディションで選ばれ5期生として乃木坂46に加入した井上 和(いのうえ・なぎ)が、6月27日(月)発売『週刊プレイボーイ28号』のグラビアに初登場。ひと目見ればわかる、圧倒的なポテンシャルと存在感。夢で見たような逸材すぎる17歳。

* * *

■たまたま家の近所でMV撮影の場所を見つけて

――今年、約8万8000人の中から選ばれて5期生として乃木坂46に加入した井上 和さん。まずは今回の撮影の感想を。

井上 楽しかったです。以前、ほかの撮影中にスタッフさんから、「キメてない、自然体が撮りたい」って言っていただいたことがあって。そのときから「自然体ってなんだろう?」って考えてたんですけど、今日は普段の私だった気がします。

――「和」と書いて〝なぎ〟。珍しいお名前ですよね。

井上 「人と人をつなげられる、温かい和をつくれる人になってほしい」って思いを込めてくれたみたいです。高校で弓道部に入ってたんですけど、そのきっかけも自分の名前が入った〝和弓〟がやってみたいっていう理由でした。

――乃木坂46に興味を持ったのはいつ頃だったんですか?

井上 2年前の高校受験のときです。勉強に行き詰まって写真や動画を撮ったり、絵を描いてみたり、いろんな「自分でできること」を探した時期があったんです。

その頃にたまたま『乃木坂工事中』(テレビ東京系)を見て、どんどん惹(ひ)き込まれていきました。でも、当時はまだ乃木坂46に入りたいとは思ってなくて。「あんなにかわいい女のコたちが存在してるはずがない」って思ってました。


この記事の画像

「天文学的倍率を勝ち抜いた期待のルーキー・井上 和「5期生が発表された日、いろんな人が教室に来てふわふわした一日でした」」の画像1 「天文学的倍率を勝ち抜いた期待のルーキー・井上 和「5期生が発表された日、いろんな人が教室に来てふわふわした一日でした」」の画像2