冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャ...の画像はこちら >>

コロナ禍で話題となった餃子やラーメンなどの冷凍食品自販機。現在は広がりを見せ、さまざまな食品が売られているという。その最前線をレポート。そして、コロナが落ち着いた今、この先の展望も探ってみた。

■冷凍自販機の勢いがスゴい

多種多様な冷凍食品を売る自動販売機が日本各地で急増している。

この冷凍自販機を製造しているのは、自販機メーカーのサンデン・リテールシステム(以下、サンデン)。「ど冷(ひ)えもん」の製品名で昨年1月末に発売して以降、設置台数は同年9月に1000台。今年3月末時点で3000台超とうなぎ上りだ。サンデンの芳賀日登美広報室長は、「現時点で47都道府県すべてに設置され、その台数は今も増え続けている」という。

地方のユニーク商品では、和歌山・田辺市の漁港近くにある釜揚げシラスの自販機。兵庫・尼崎市の商店街にはすしやステーキ重の自販機。熊本・天草市の国道沿いには地元産の伊勢エビやブリの自販機が登場。冷凍自販機は大都市から地方へと広がり、企業規模に関係なく、食品を扱うメーカーや卸売業者、飲食店がこぞって参入する、一大ブームと化している。

冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場

芳賀氏によると、「『ど冷えもん』が登場するまでは、冷凍食品の自販機はアイスクリーム以外、ほぼなかった」そうだ。アイスの自販機といえば、江崎グリコが展開する「セブンティーンアイス」が知られているが、実は、これもサンデン製。同社はこの自販機を基に設計を見直し、約2年間の開発期間を経て「ど冷えもん」を完成させた。


この記事の画像

「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像1 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像2 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像3 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像4
「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像5 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像6 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像7 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像8
「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像9 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像10 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像11 「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像12
「冷凍自販機ビジネスの最前線! 餃子やラーメンだけでなく、キャビアやウナギまで登場」の画像13