中日・根尾 昂は投手で大成できる? 山本 昌が語った「可能性...の画像はこちら >>

高卒4年目で、野手から投手への転向となった中日の根尾。6月20日時点で、リリーフとして3試合に登板して無失点と結果を残している

球界の常識を覆す配置転換が耳目を集めている。

中日・根尾 昂が4年目のシーズンの途中で、野手から投手に転向するという異例の発表がなされた。今シーズンは外野手としてレギュラー争いに挑んだものの、岡林勇希、鵜飼航丞(うかい・こうすけ)ら若手野手との競争に敗れた。

ショートのレギュラーだった京田陽太の不調もあり、そこでチャンスをつかむかとも思われたが、出場機会は限定的だった。

だが、立浪和義監督は仰天プランを用意していた。5月21日の広島戦で、根尾を投手としてマウンドに送り込んだのだ。

交流戦でもオリックス戦で1イニングを無失点。正式に投手転向が言い渡された後の6月19日の巨人戦では、球速150キロ超をマークし、岡本和真を三振に仕留めて試合の流れを一変させている。

この試合を現地で見たスポーツ紙ドラ番は、投手・根尾の能力と、その効果に素直に驚いたと回顧する。

「コロナ禍以降、間違いなくバンテリンドームが一番沸いた瞬間でしたね。根尾は今シーズンからマスコミ対応も変わってきて、明るい表情も増えてきていた。打者へのこだわりもたびたび口にしていただけに、思うところもあったはず。

ただ、驚いたのはその堂々たるマウンドさばきです。ストライク先行で、攻めのピッチングを貫いていた。『やはり甲子園優勝投手は違うな』とも感じましたね」


この記事の画像

「中日・根尾 昂は投手で大成できる? 山本 昌が語った「可能性」と「課題」」の画像1 「中日・根尾 昂は投手で大成できる? 山本 昌が語った「可能性」と「課題」」の画像2