テレビプロデューサーの佐久間宣行さんが語る『ストレンジャー・...の画像はこちら >>

佐久間宣行(さくま・のぶゆき) 『ゴッドタン』『あちこちオードリー』などを手がけ、Netflix『トークサバイバー!』も配信中。著書に『佐久間宣行のずるい仕事術』など

前シーズンから3年ぶりとなるシーズン4の前半Vol.1の配信が5月27日からスタート! 配信から3日間の世界での視聴時間合計が、Netflixシリーズ史上、過去最高の数字を叩き出すなど、記録的なヒットドラマになった『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。

そこで6月27日(月)発売『週刊プレイボーイ28号』では、7月1日のシーズン4 Vol.2配信を目前に、若干のネタバレを含みつつ、この作品の魅力に迫った。今回は、その記事中から生みの親で製作総指揮を務める〝ダファー兄弟〟にインタビューした、テレビプロデューサー・佐久間宣行(さくま・のぶゆき)さんが語る『ストレンジャー・シングス』の魅力を配信!

* * *

■支持される理由は「レンジの広さ」

テレビプロデューサーの佐久間宣行さんが語る『ストレンジャー・シングス』の面白がり方

――ずばり『ストレンジャー・シングス』が世界的に大ヒットした理由は?

佐久間 多くの人たちに支持されている理由のひとつはこの作品の持つ「レンジの広さ」だと思います。

配信系のドラマで、ある程度の年齢のティーンから大人までが見られて、なおかつ誰もがワクワクドキドキできる作品って、それまであまりなかったような気がするんですよね。

その点、『ストレンジャー・シングス』はスティーヴン・スピルバーグ監督が送り出した『グーニーズ』や『E.T.』などのティーンエージャーを主人公にしたジュブナイル映画の系譜につながる作品で、幅広い層の人たちに受け入れられやすかったんだと思います。

あと、シーズン1の配信が始まった2016年というのが、ちょうど「80年代のリバイバルブーム」が来るか来ないかという時期だったんですが、このタイミングも絶妙でした。

作品の脚本・監督・製作総指揮を手がけた双子のダファー兄弟は80年代という時代設定の中に、その当時の映画や音楽、ファッションといった「80年代カルチャー」のテイストやモチーフをたくさん詰め込んでいます。

それも、ただ単に当時のテイストを引用してくるだけじゃなく、引用するモチーフの「選び方」や、それを作品に生かす「手さばき」がものすごくフレッシュなんですよね。

この「感覚は現代的なのにモチーフが懐かしい」という絶妙な組み合わせのおかげで、若い世代から、80年代にリアルな青春を過ごした世代まで楽しめる作品に仕上がっているんだと思います。

テレビプロデューサーの佐久間宣行さんが語る『ストレンジャー・シングス』の面白がり方

ウィル失踪を機に町で起きる異変に立ち向かう警察署長のホッパー。ウィルの母ジョイスの同級生でもある

――ドラマとして優れていると感じる点、佐久間さんから見た作品の魅力は?

佐久間 好きなところはたくさんありますよ。例えば今言った、ダファー兄弟の80年代カルチャーへの愛情や造詣の深さです。

僕は彼らにインタビューしたことがあるのですが、「本当にエンタメとカルチャーが好きな人たち」という印象で、そこから自分たちが経験したワクワク感を次の世代にもつなげていきたいという強い意志のある人たちだと感じました。

あと、これだけ複雑な伏線を張って、いろんな要素をてんこ盛りに詰め込んだ長編なのに行き当たりばったりにはなってなくて、シーズンごとに緻密なプロットが設計されているのもすごいと思います。

その上でシーズン1から4まで、シーズンごとに毎回新しいチャレンジをしている点も好きですね。

例えば、シーズン1は少し地味だけど、この物語には広い世界観があることを提示した。そして予算も増えたであろうシーズン2では、そこにもう少し派手なホラーやバイオハザード的な世界観が入ってくる。

続くシーズン3は登場人物たちがハイティーンに成長したので、80年代のブロックバスター映画(大作の娯楽映画)の雰囲気があって、これもすごく楽しいシーズンになっている。

それから、丁寧に描かれる個性豊かで愛すべきキャラクターたちが、ストーリーが進むに連れて少年期から青年期に向かってゆく......という「登場人物たちの成長」を、見ている側が一緒に追いかけられるというのも、この作品の魅力のひとつだと思います。

――その中で佐久間さんが好きなキャラクターは?

佐久間 個人的には警察署長で、少女エルの父親代わりのホッパーが好きですね。ホッパーは人間としてはいいところも悪いところもあるんだけど、彼は子供たちに対する接し方がフェアで、僕はそこがすごくイイなあと感じます。

――これから配信されるシーズン4のVol.2や、完結編になるといわれるシーズン5に期待することは?

佐久間 シーズン4は『エルム街の悪夢』みたいな本格ホラーのテイストを前面に出しながら、シーズン1~3で伏線として張られていた謎がちゃんと回収されていくという充実したシーズンで、シーズン4から新たに登場したキャラクターたちも魅力的ですから、後半のVol.2はメチャクチャ楽しみですよね。

で、それに続くシーズン5は「完結編」と銘打たれていますから、ここまで完璧にいろんな伏線を張ってきたダファー兄弟の思いの丈のすべてが込められた文字通りの集大成になるはず。想像するだけで、今からワクワクしています。

●Netflixシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界4』Vol.1:独占配信中、Vol.2:7月1日(金)独占配信開始

取材・文/川喜田 研 撮影/村上宗一郎