「会社はトップの器以上には…」イノベーションを起こす気鋭の起業家が明かす経営哲学

「会社はトップの器以上には…」イノベーションを起こす気鋭の起業家が明かす経営哲学
       

1年間にどのくらいの会社(法人)の数が設立されているか知っているだろうか。2019年の「全国新設法人動向」によればその数なんと13万1292社(*1)。単純に日割りすると1日約360社もの法人が誕生していることになる。

しかしその後、理想的な成長曲線を描いていける会社はほとんどない。10年後の会社生存率はわずか6.3%。100社立ち上がっても、10年後には6社しか残っていない計算だ。
その中で急成長を続け、さらにイノベーションを巻き起こす企業の経営者は一体どんなことを考えているのか。

2015年、オーラルケアビジネスをフィールドとする株式会社シャリオンを立ち上げ、瞬く間にメディアを中心に話題に。2019年にはアジアの注目企業100に選出されるなど、注目を集める経営者・角田哲平氏が執筆した『獅子奮迅 次世代ビジネスのイノベーター』(幻冬舎刊)には、その半生とともに、会社やビジネスに対する考え方、そしてイノベーションの起こし方についてつづられている。
ここでは角田流「経営哲学」の一部をご紹介していこう。

■利益は理念を叶える手段に過ぎない

会社にとって利益は重要だ。利益を上げなければ、事業を継続することはできない。しかし、利益こそが会社にとって最も大事なのかと問われると、そうではないようだ。

角田氏は会社をヨット、経営者を船長に例えて、経営の本質を説明する。

そのヨットがどこに向かっているのか。その向かうべき方向を示すのが「理念」だろう。なぜ自分はビジネスをするのか、事業を通じて誰を幸せにしたいのかから生まれる「理念」は、迷ったときに立ち戻れる原点でもある。
一方、ヨットが向かうべき方向に進むためには風が必要だ。追い風がなければヨットは前に進まない。この追い風こそが会社にとっての「利益」である。


当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。