優秀なリーダーになるために必要なもの。それは「言葉」だ。

孫正義、イチロー、三浦知良、出光佐三…こうした業界を牽引するリーダーは「ついていきたい!」と周りが思うような言葉の力を持っている。では、彼らはどういった言葉で仲間や部下をやる気にさせ、牽引しているのだろうか。

それぞれの分野で名を成したリーダーたち77人の言葉を厳選した一冊『リーダーとは「言葉」である 行き詰まりを抜け出す77の名言・名演説』(向谷匡史著、青春出版社刊)を読むとそれが分かる。

■不安を払拭する孫正義の言葉

「雨と晴れは必ずやって来る。大切な事はその両方を幸運だと捉える心構えだ」

こう述べるのは、ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏だ。
ソフトバンクグループは世界のベンチャー企業に8兆5千億円を投資する一方、2020年には営業損益が1兆円を超える赤字になるといった報道が飛び交った。そんな恐ろしい数字を前にしても、淡々と現状を受けとめ、心構えができるのが孫氏だ。

部下はリーダーの顔色をうかがい、言葉に耳をそばだてる。平然として動ぜずの孫氏の言葉が、部下たちの動揺と不安を払拭する。人間である以上、リーダーも迷い、不安もある。けれど、普段から「晴れてもよし、雨が降ってもよし」という心構えがリーダーには求められる。

■困難な目標をポジティブに捉えるイチローの言葉

「壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている」