伸び悩んでいる部下には「命令」ではなく「質問」をすべき理由

伸び悩んでいる部下には「命令」ではなく「質問」をすべき理由

なかなか部下や後輩に成長の兆しが見られない。どのように育成していいのかわからない…。そう悩んでいる人は少なくないだろう。

そんな人は最近の自分を振り返ってみて、相手がその気になる「質問」をしているかどうか考えてほしい。

実はこの「質問」だけで、人を動かしたり、成長を促したりできるのだ。

 ◇

『「いい質問」が人を動かす』(文響社刊)の著者である谷原誠氏は、弁護士という仕事を通して質問の大切さを学んだという。

谷原氏は、弁護士として駆け出しの頃、質問をしないばかりに、独りよがりの裁判を続けた結果、裁判に勝っても相手から恨みを買い、そのせいで相手と依頼者との間にさらなる火種を作る事態を招いてしまった。

これは、「質問をしなかった」ために起きてしまったのだという。

そんな経験から「質問」の重要性を知った著者は、人を動かすには命令ではなく、その気にさせる質問することが大事だと述べる。

■人をその気にさせる質問のコツとは

では、「人をその気にさせる質問」とは一体どういうものなのか。人がその気になるのは、2つの場合があるという。

(1)自尊心を満足させるために動く
これは、お金を得られる。名誉を得られる。友情を得られるといったものだ。

(2)自尊心が傷つくのを回避するために動く
例えば危険を避けたり、人からの評価が下がるのを避けたりするときの行動である。

つまり、人を動かすときは、相手の自尊心を満足させるような質問をするか、自尊心が傷つくのを避けたくなるような質問をするのがよい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

新刊JPの記事をもっと見る 2016年11月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら